FX投資術 EMA20とトレンドラインで攻略

« クロス円は上抜けする可能性有り  | HOME |  米雇用統計悪化でクロス円は下落リスク »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドル円の上昇に期待感

昨日はポンドドルがせっかくレンジブレイク&高値更新したのに、直後のGDPが以下のように非常に悪い数字であったことから一気に下落してしまいました。

GDP-1Q(確報値):-2.4%(-2.2%)
GDP-1Q(前年比/確報値):-4.9%(-4.4%)
経常収支-1Q:-85GBP(-64億GBP)
総合事業投資-1Q(確報値):-7.6%
総合事業投資-1Q(前年比/確報値):-9.7%


(出所:ひまわり証券)

最近は上下に大きく動くのでブレイクアウトの戦術が効きにくい市況にあります。

ブレイクアウト後はなるべく早めに利食いを行なって、リテスト後にもう一度ブレイクした方向に動く場合についていくというやり方が安全ですのでブレイク不発で困っている人は参考にしてみてください。

今回のポンドドルでいうと高値ブレイクのあと50pips程度はプロフィットが発生していますよね。

その後30分程度揉み合いに入っているのですが、そこで一旦利食えばよいでしょう。

また英指標があるのが分かっているわけですので何れにせよ指標前には一旦仕切るべきですし。

そしてその後ブレイクポイントまで戻っていくのですが、これ自体はブレイク時の特徴的な動きであって一般にリテストと言われています。要はブレイクするとそこはサポートからレジスタンスへ、またはレジスタンスからサポートへと変わりますので、今回ですと上値更新されてレジスタンスからサポートに変わった値段でサポートが本当にされるのかどうかを試しにいく動き(リテスト)があります。

このリテストでサポートされれば陽線が2本くらい出たところでまた買っていってよいでしょう。

今回の場合はリテストでブレイクした前回の高値でサポートされませんでしたので、しばらく様子見をすべき局面ということがいえます。

ポンドドルは結局レンジの半ばまで戻されてしまいましたのでちょっとここから上にいくのか下に行くのか分からなくなってきました。前回高値を更新したことによってトレンドラインが引き直しされたので、ひとまずはトレンドラインを割り込むと下落の方向に行く可能性が高まるかと思います。トレンドラインでサポートされている分にはまだ上昇の芽はあるかと思います。

その他若干気になる通貨ペアとしてはカナダ円があります。

カナダ円は日足の上昇トレンドラインを既に割り込んでおりいつ下落してもおかしくない足型となっています。

トレンドラインを割り込んだあと、カナダ円は1時間足とかで横ばいの狭いレンジ相場を形成しています。

このレンジを下に切れると下落が進む可能性がありますのでショートを狙ってみたいと思います。

Comment

[45]

最近このブログを見つけ参考に拝見させてもらってます。
ダウ理論、20EMAは自分の今取り組んでいる事なので本当にありがたいです。楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

[47]

リテストの件、非常に参考になりました。
ここ最近、全てそれでやられていますので成程と思いました。
ブレイクしたからと言って安易に飛びついてばかりでした。

[48] Re: タイトルなし

maru さん、こんにちは。

> 最近このブログを見つけ参考に拝見させてもらってます。
> ダウ理論、20EMAは自分の今取り組んでいる事なので本当にありがたいです。楽しみにしていますのでよろしくお願いいたします。

ありがとうございます。

最近は市場もテーマがなく動きも気まぐれですので、あまり参入していないため更新が鈍っています。週末にかけて流れが膠着したので、来週も出たとこ勝負的な感じですね。

[49] Re: タイトルなし

宏樹さん、こんにちは。

> リテストの件、非常に参考になりました。
> ここ最近、全てそれでやられていますので成程と思いました。
> ブレイクしたからと言って安易に飛びついてばかりでした。

ブレイクも効いてないわけじゃないんですが、
あまりフォローしないのでさっさと利食った方が今はいいですね。
特に上昇局面ではいくらでも再エントリーするチャンスはありますし。

あとはブレイクが有効でないのはここ数ヶ月で明らかなわけなので
高値安値の更新でポジションを取るよりも、押し戻りを狙ったほうが
効率はいいですよ。

ちなみに最近は私はドル円の押し目買いと戻り売りしかしてません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« クロス円は上抜けする可能性有り  | HOME |  米雇用統計悪化でクロス円は下落リスク »

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


プロフィール

やまもと

Author:やまもと
横浜在住FXテクニカルトレーダーのやまもとです。
専業トレーダーならではの濃い情報を提供していきたいと思いますので、みなさんよろしく。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ相互リンクとランキングプラス

このサイトではFX(外国為替証拠金取引)をトレンドライン&EMA20を基本としたテクニカル分析によるチャートポイントを日々解説しています。基本的に毎日更新しています。


FXランキングサイト


FXランキング」に参加しませんか。競争激化する前の今なら上位進出も可能かも!?

↓応援ポチいつもありがとうございますm(_ _)m
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ
FXテクニカルトレード派
相互リンクとランキングプラス
FC2ブログランキング
FXブログランキング
FXランキング(fxrk)
FXランキング(fxranking)
為替サイトランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。