FX投資術 EMA20とトレンドラインで攻略

« 昨日は大荒れでしたね  | HOME |  レンジブレイクとそのターゲット(私の取引手法 part3) »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボリンジャーバンドで順張り/逆張り(私の取引手法 part2)




私の取引手法 part1の続きです。

前回は私が使用しているテクニカルインジケータについて書きました。
一点説明し忘れていて、ボリンジャーバンドの使い方について書いて
いませんでしたので説明します。

ボリンジャーバンドは統計学を利用したインジケータで、詳しい説明は
しませんが要点は以下のようにレートがある範囲に収まる確率を示した
ものとなります。

 -1σ~1σの間に値が存在する確率は68.3%
 -2σ~2σの間に値が存在する確率は95.5%
 -3σ~3σの間に値が存在する確率は99.7%
 (σはシグマと読みます)

±2σの範囲を超える確率が4.5%しかないため、±3σに隣接した場合は
そのうち±2σの範囲に戻されるだろうというのが見方の一つです。

私のボリンジャーバンドの使い方としては2パターンあって、まず1つめは
ボリンジャーバンドがスクイーズ状態となっているところからのボラティリティ
ブレイクアウト狙いがエントリールールの一つとしています。

ボラティリティが無い相場が続くとボリンジャーバンドが収縮して±2σ間の
値幅が非常に小さくなることがありますが、こういった状態をスクイーズといい
ます。

次に大きな値動きがあり、ボリンジャーバンドの±2σを突き抜けるような
動きとなると、ボリンジャーバンドが値動きと逆側のバンドも開いて口を
広げたような状態になりレートが±2σ~±3σと隣接して上昇や下降
を続ける(バンドウォークと言う)ことがよくあり、大きな利幅を狙える場合が
多いため私のエントリールールの一つとなっています。

ただ、ブレイクはだましも多いので口を広げて上昇したもののすぐに下降
する場合もありますのでブレイク前の位置まで戻された場合は損切りを
します。

ブレイク後、レートが2σでバンドウォークした後、急激に上昇して3σを
突き抜けるような動きになることがありますが、こういった場合はその時点
で利幅が十分に取れていれば利食いをした方が良いです。
やはり3σまで行くと戻されることが多いと思います。


ボリンジャーバンドの2つ目の使い方ですが、今度は逆にバンド幅が広がって
いるときで、ADXが下を向いてレンジ相場のときのエントリ方法ですが、
バンドの±2σにレートがぶつかって跳ね返されたところで逆張りでエントリします。

利食い目標は反対側の2σですがミドルバンドを抜けれずに1σに戻された
場合は薄利でも利食いします。

(続く)

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達の来週の戦略は・・・

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« 昨日は大荒れでしたね  | HOME |  レンジブレイクとそのターゲット(私の取引手法 part3) »

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


プロフィール

やまもと

Author:やまもと
横浜在住FXテクニカルトレーダーのやまもとです。
専業トレーダーならではの濃い情報を提供していきたいと思いますので、みなさんよろしく。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ相互リンクとランキングプラス

このサイトではFX(外国為替証拠金取引)をトレンドライン&EMA20を基本としたテクニカル分析によるチャートポイントを日々解説しています。基本的に毎日更新しています。


FXランキングサイト


FXランキング」に参加しませんか。競争激化する前の今なら上位進出も可能かも!?

↓応援ポチいつもありがとうございますm(_ _)m
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ
FXテクニカルトレード派
相互リンクとランキングプラス
FC2ブログランキング
FXブログランキング
FXランキング(fxrk)
FXランキング(fxranking)
為替サイトランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。