FX投資術 EMA20とトレンドラインで攻略

« ユーロドルは押し目買い  | HOME |  FX来週の展望 »

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週のドル円のトレードシナリオ

今週も一週間お疲れ様でした。

今週のドル円相場は終わってみれば先週末の水準とほぼ変わらずと、
上昇トレンド中の揉みあい局面でした。

来週のドル円の攻略方法ですが、私が描くトレードシナリオを一例として
参考までに紹介したいと思います。

初心者の方はとかく勘で売買しがちですが、長い目でみて利益をあげる
ためには自分のトレードルールを作って明確な理由をもって売り買いを
仕掛ける必要があります。

トレードルールが決まれば、あとはその時その時での相場の状況を
見つつ、チャートの形がこうなったらエントリして、ここまで到達したら利食い、
逆に行った場合はここで損切りというようにトレードシナリオを描くことが
できます。

それでは私なりのトレードシナリオを描いてみたいと思います。



→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る



まず現在のドル円の方向感や位置関係を長い足から順にみていきます。

【ドル円月足】
EMA20は下向きでEMA20の下にレートが位置しており弱気。ダウントレンド。
ただし、SMA200よりSMA100が上に位置しており完全な下落 トレンド
の勢いからは現状脱している。

レジスタンス
過去の安値: 101.23、101.64
EMA20: 103.50前後(日々変化する)
トレンドライン: 103.00前後(日々変化する)

サポート
  前回安値: 87.10
ボリンジャーバンド-2σ: 89.20前後

【ドル円週足】
EMA20が上向きでレートもEMA20の上に位置しており強気。
下落トレンドのなかの戻りの局面。
もう少しでEMA10がEMA20とゴールデンクロスする。
移動平均線のパーフェクトオーダが崩れかかっている。

レジスタンス
 ボリンジャーバンド2σ: 100.00前後
 トレンドライン: 103.40前後

サポート
 EMA20: 95.50付近
 前々回安値: 95.73
 
【ドル円日足】
EMA20は上向きでレートもEMA20の上に位置しており強気。上昇トレンド。

レジスタンス
 SMA200: 99.90付近
 ボリンジャーバンド2σ: 101円前後
 高値: 99.67, 100.54

サポート
 EMA20: 96.50
 トレンドライン: 93.60付近
 SMA100: 93.40付近
 フィボナッチリトレースメント: 38.2% 94.80、 50% 93.40




まとめますと、月足と週足は下落トレンドで日足は上昇トレンド。
ただ、EMA20との位置関係からは日足、週足は強気。月足は弱気。

⇒売りでも買いでも入れる状況だが短期で利食いが必要

レジスタンス: 99.67, 99.90, 100.54, 101.00, 101.23, 101.64, 103.00 103.40
サポート: 96.50, 95.73, 95.50, 94.80, 93.60, 93.40, 89.20, 87.10

日足と4時間足で見える範囲だけでよいので上記のサポートとレジスタンスに
水平線を引きます。

usdjpy_h4_20090314.gif

サポートとレジスタンスを引いたドル円の4時間足です。
4時間足でみると現在上昇トレンド中でのフラッグを形成しているのが
わかるためフラッグの上値抵抗線と下値支持線のチャネルラインを
書き足しています。

ここまでくると大分シナリオが描ける状況になります。

まず日足レベルで上昇トレンドですので、まず買いで入るタイミングを
考えます。

第1シナリオとしてはフラッグの上値抵抗線を上抜けた場合にロング。
損切りはチャネル内に再び戻ってしまったところ。利食いは前回高値の
99.67の手前あたりで一度利食うことを考えます。

99.67を上抜けて99.89を超えるようであれば100.50のレジスタンスまで
ロングで30pips程度抜くつもりであれば再ロング可能ですが、100.50以降
レジスタンスポイントが多いため私ならポジションは取らないと思います。

第2シナリオとしてここから下落した場合を考えますと、96.50の日足EMA20
が比較的強いサポートとなりますので、96.50で反発上昇して96.80あたり
まで上昇するようであれば押し目買いのロングで入ることを考えます。
損切りは96.20付近。利食いはチャネルの上限あたり98円前後でしょうか。

96.50で反発上昇がみられず、さらに下落する場合、38.2%戻しの94.80あたり
での押し目買いを考えます。なんにせよ下げ止まりを確認してからのロング
となりますが。損切りは94.40。利食いは日足EMAが抵抗に変わるため96.50
アラウンドで。

usdjpy_h1_20090314.gif

このようにどこでエントリしてどこで損切り、どこで利食いといったポイントが
定まったところで60分足を見ながらタイミングを取ります。

チャートを見ていられない場合は指値/逆指値をIFOなどの注文で入れて
ほったらかしにしますが、サポート・レジスタンスをエントリ理由とする場合は、
ちゃんとサポートされるのかというのを目で確認してから成り行きでエントリ
するほうが負ける可能性は下がります。

長くなりましたが、こんな感じで私の場合は見通しを立てています。

→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

« ユーロドルは押し目買い  | HOME |  FX来週の展望 »

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


プロフィール

やまもと

Author:やまもと
横浜在住FXテクニカルトレーダーのやまもとです。
専業トレーダーならではの濃い情報を提供していきたいと思いますので、みなさんよろしく。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ相互リンクとランキングプラス

このサイトではFX(外国為替証拠金取引)をトレンドライン&EMA20を基本としたテクニカル分析によるチャートポイントを日々解説しています。基本的に毎日更新しています。


FXランキングサイト


FXランキング」に参加しませんか。競争激化する前の今なら上位進出も可能かも!?

↓応援ポチいつもありがとうございますm(_ _)m
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ
FXテクニカルトレード派
相互リンクとランキングプラス
FC2ブログランキング
FXブログランキング
FXランキング(fxrk)
FXランキング(fxranking)
為替サイトランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。