FX投資術 EMA20とトレンドラインで攻略

« 前の記事  | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V字回復

連日チョッピーな相場が続いて疲れますね。

ドル円やユーロドル、クロス円など各通貨押し目買い優勢でV字回復
しています。しかしすさまじい回復っぷりです。よほどショート勢が
踏み上げられているのでしょう。

【USD/JPY 4H】
usdjpy_h4_20090331.gif

ドル円の4時間足ですがリバースヘッドアンドショルダーを形成しそうです。
ネックラインを上抜けたらロングでしょうか。

【GBP/JPY 1H】
gbpjpy_h1_20090331.gif

ポンド円の60分足です。

ユーロ円とポンド円のトレンドライン付近でのロングは結果的には成功して
います。このままホールドして買い増しするタイミングを考えたいと思いますが
ポンド円については、現在ダウントレンドラインをトライしにいっており、
上にブレイクしたら買い増してよいと思います。

→ぶろぐ村ランキングの続きを見る
スポンサーサイト

クロス円はトレンドライン割れに注意

今日も派手に下落しているドル円とクロス円です。

【EUR/JPY 4H】
eurjpy_h4_20090330.gif

ユーロ円の4時間足です。

133円台から2日間で6円くらい急落下してきていますが何とかトレンドラインで
支えられている状況。

私はというと結局128円、127円、126円と指値を入れて買い下がってみて
います。125.50あたりまで下げるようであれば損切りします。

【GBP/JPY 4H】
gbpjpy_h4_20090330.gif

ポンド円の4時間足です。

こちらもユーロ円と同様に急落下しつつなんとかトレンドラインでサポートされて
いる状況。昨日のブログで136円台までの下落はありうると書きましたがこうも
簡単に到達されるとまだ月曜日なのに今週どう乗り切るか困っちゃいますね(笑)

トレンドラインでの反発を確認して136円Midで逆張り気味ですがロングで
入っています。ちなみに豪ドル円もロングしています。

落ちてくるナイフを拾うようなトレードなのでロットはかなり小さめにしています。

あと、ドルカナダが日足のEMA20と接したあたりでショートポジションを
持っています。


為替見習さんのブログが人気ブログランキング上位から消えてしまいました
(なんと99位まで落下)為替見習さんのブログを読むならぶろぐ村ランキング
の方でどうぞ。

MJのスプレッド固定キャンペーン



私が使っているFXの取引会社のなかで最近注目しているのが「MJ「SpotBoard」」です。

もともとスプレッドが狭く、低コストで取引できるため重宝していたのですが、
最近ポンド円のスプレッド固定キャンペーンを実施しており、例えば3/30~4/2の
期間は19:00~20:00の間ポンド円のスプレッドが2.5銭で固定されています。

19:00~20:00という時間設定ですが、私が使用している感じですとNY時間に入っても
2.5銭あたりをキープしており非常にいい感じです。

ポンド円のスプレッドは「クリックFX」が2銭~と私が知っている範囲では一番
狭いのですが、クリック証券は固定スプレッドではないため、実際のところ
3銭以上になっていることも多々あるわけで、MJの2.5銭固定というのは非常に
魅力的な条件なのです。

ポンド円のスプレッドは広いところだと8銭以上とかなので、スキャルピングとかには
向かないのですが、2.5銭ならスキャルでも大丈夫ですね。

また、今なら口座開設して初回入金&取引で5,000円がもらえます。
更に500Lot以上の取引を行えば追加で5,000円キャッシュバックされます。

ポンド円だけでなくドル円もスプレッド1銭固定ですし、親会社はJASDAQ上場で
信託保全も完備されており安心ですし、非常にコスト面で優れている会社ですので、
まだ口座開設していないかたは持っておいて損のない口座だと思います。

口座開設は2~3日で完了しますので簡単に作れますよ。

口座開設は以下のバナーリンクをたどってください。

業界最高水準の取引環境 ! MJ「Spot Board」!!!

為替相場来週の見通し

【USD/JPY Daily】
usdjpy_d1_20090329.gif

ドル円、日足です。

ドル円ですが、日足、週足ではEMA20でサポートされており上昇する
雰囲気を覗わせますが、週足ベースで3週連続高値を切り下げており、
上値の重い展開がここのところ続いています。

下値も固いため押し目買いのほうがよいと思いますが、現状どっちつかず
の展開ですので、やはり前回高値の99.67を超えたのを確認してから、
押し目買いの戦略をとっていくのがよいのではないでしょうか。

【USD/CHF Daily】
usdchf_d1_20090329.gif

ドルスイスは結局日足のSMA200で支えられて保合いを上方向に放れていますが、
EMA20で頭を抑えられているという状況。月足ベースではEMA20の上に位置して
おり中長期的には上昇していきそうに見えます。

ただ、日足では下値を切り上げつつも上値も切り下げてきており、週足ベースで
三角保合いに入っていくのではないかと考えています。

まずは日足でEMA20を上抜けられるかどうかが直近の注目ポイントとなりそうです。

【EUR/USD Daily】
eurusd_d1_20090329.gif

ユーロドル日足です。

1.3740アラウンドで上値を抑えられて金曜日結局指標悪化をきっかけに
急落しています。

ポイントは日足のEMA20でサポートされるかどうかですが、1.3200~1.3250
の水準はサポートされやすいところなので、ここから底固く推移するようで
あれば押し目買いが良いのではないかと見ています。
というわけで、しばらくは様子見したいです。

ポンドドルも同様に金曜日の下落が一過性のものか、それとも継続して
ドル買いポンド売りが続くのかを見定める必要があるため様子見したい
です。ただ、IMMのポジションを見てもポンドのショートがかなり積み上がって
おり、ここから下値を更新するよりは急上昇していく可能性のほうが高い
と考えています。

オージーやキウイも同様の見方です。

【EUR/JPY 4H】
eurjpy_h4_20090329.gif

ユーロ円の4時間足です。

ユーロ円はダブルボトムのネックラインも上に一旦は抜けているため、
押し目買い戦略継続で考えていますが金曜日はすさまじい下落でした。

4時間足レベルで見るとダブルトップのネックラインを割っていますので、
もう一段の下落が考えられます。

下値の目処としては日足のEMA20が128円アラウンド、リトレースメント
38.2%が126円アラウンドというところ、またトレンドラインが127円前後と
いうところなので、低レバレッジで128円、127円、126円とエントリ
ポジション量を3分割して買い下がるか、おとなしく下げ止まったのを
確認してから上昇途中で入るかでしょうか。

いずれにせよ126円を割り込まなければ押し目買い継続で考えたいです。


【GBP/JPY 4H】
gbpjpy_h4_20090329.gif

最後にポンド円の4時間足です。

日足を見ると逆ヘッドアンドショルダーを完成させているように
見えますので、次の上昇で145円を抜けられればかなりな急上昇
が期待できそうです。

ただ、4時間足レベルですとチャートの形が現在あまりよくないので
136円台くらいまでは下落する可能性を考慮しつつ押し目買いの
チャンスを窺うといったところではないでしょうか。

月曜日は様子見ですが、来週143円に乗せてくるようであれば
ロングでついていきたいです。そして145.20超えで買い増し予定。

ポンドは売りポジションが積み上がっており、上昇したときの
損切りを巻き込んだ上昇がもし見られれば相当な値幅がとれる
のではないかと考えています。先週金曜日のような急落も
当然あるかとは思いますが中期的には150~160円くらいまで
上昇すると見込んでいます。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の戦略を見る

レンジブレイクとそのターゲット(私の取引手法 part3)



私の取引手法第3弾です。

前回はボリンジャーバンドを使ったエントリ方法について書きました。
ボリンジャーバンドって逆張りで使う人が多いですけど基本はスクイーズから
エクスパンションするところを順張りするのが王道だと思います。
参考になった方は応援ポチも忘れないでね(笑)

応援ポチといえば、人気ブログランキングで常に1位をキープされていた
為替見習さんのサイト
が11位に大幅ランクダウンしていますね。
一体何があったのでしょうか。。。

さて、今回はもう一つエントリ方法を紹介します。

といっても非常にポピュラーな方法です。

※画像をクリックすると大きくなります
usdchf_h1_20090329.gif

上記のチャートはドルスイスの60分足ですが、2009年の3月19日 21時から
3月27日19時まで1.1157~1.1340のレンジ相場となっているのが分かるかと
思います。
また、3月27日19時台にレンジを抜けると一気に上に急騰しているのが
見て取れますね。

レンジ相場は世界中の多くの人が把握しており、レンジの上端の手前で
ショート、レンジの下端でロングというレンジディールと呼ばれる方法を
レンジ相場が崩れるまで繰り返す人が増えていきます。

レンジディールではレンジの外側に損切りのオーダーを置き、レンジが
破られた場合はドテンといってロング/ショートを逆転させたポジションを
持つのが教科書的なポジションの取り方ですので、結果的にレンジを突き
破る動きがあるとその損切りオーダやドテンオーダーにより相場は大きく
レンジの外側に動くことが多いです。

よって、チャートを見ていて、こういったレンジ相場になっている状態を
発見したら、そのレンジの上端の上に逆指値ロング、下端の下に逆指値
ショートのエントリオーダーを仕掛けておきます。

こうすることでレンジはいずれは破られるので、レンジを切っていった場合に
大きな動きを捉えることができたりします。

ちなみにレンジブレイクされたときのターゲットの算出方法ですが、
レンジ幅分ブレイクした方向に動くとされています。
今回のドルスイスの場合は、1.1157~1.1340のレンジですので、
183pipsの値幅がありますので1.1340から183pips上の1.1523が
ターゲットとして導かれます。

教科書的には上記の通り1.1523まで動くと想定してリミットオーダー
を入れておくのですが、ぴったりとレンジ幅分動くことはあまり期待
できないのである程度急騰・急落が取れて相場が落ち着いたところ
で利食いをした方がよいかと思います。
何事も腹八分目くらいで満足するのがよろしいかと。

今回ですと1.1478まで上昇して一旦押しが入っていますので、
一旦全ポジションじゃなくてもよいので利食いをしておきます。


本日はレンジブレイクの取引方法についてご紹介させていただきました。

続きを書いて欲しい方は以下のリンクをクリックして私に応援エネルギー
をください(笑)

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達がどんな戦略をとっているか見る

ボリンジャーバンドで順張り/逆張り(私の取引手法 part2)




私の取引手法 part1の続きです。

前回は私が使用しているテクニカルインジケータについて書きました。
一点説明し忘れていて、ボリンジャーバンドの使い方について書いて
いませんでしたので説明します。

ボリンジャーバンドは統計学を利用したインジケータで、詳しい説明は
しませんが要点は以下のようにレートがある範囲に収まる確率を示した
ものとなります。

 -1σ~1σの間に値が存在する確率は68.3%
 -2σ~2σの間に値が存在する確率は95.5%
 -3σ~3σの間に値が存在する確率は99.7%
 (σはシグマと読みます)

±2σの範囲を超える確率が4.5%しかないため、±3σに隣接した場合は
そのうち±2σの範囲に戻されるだろうというのが見方の一つです。

私のボリンジャーバンドの使い方としては2パターンあって、まず1つめは
ボリンジャーバンドがスクイーズ状態となっているところからのボラティリティ
ブレイクアウト狙いがエントリールールの一つとしています。

ボラティリティが無い相場が続くとボリンジャーバンドが収縮して±2σ間の
値幅が非常に小さくなることがありますが、こういった状態をスクイーズといい
ます。

次に大きな値動きがあり、ボリンジャーバンドの±2σを突き抜けるような
動きとなると、ボリンジャーバンドが値動きと逆側のバンドも開いて口を
広げたような状態になりレートが±2σ~±3σと隣接して上昇や下降
を続ける(バンドウォークと言う)ことがよくあり、大きな利幅を狙える場合が
多いため私のエントリールールの一つとなっています。

ただ、ブレイクはだましも多いので口を広げて上昇したもののすぐに下降
する場合もありますのでブレイク前の位置まで戻された場合は損切りを
します。

ブレイク後、レートが2σでバンドウォークした後、急激に上昇して3σを
突き抜けるような動きになることがありますが、こういった場合はその時点
で利幅が十分に取れていれば利食いをした方が良いです。
やはり3σまで行くと戻されることが多いと思います。


ボリンジャーバンドの2つ目の使い方ですが、今度は逆にバンド幅が広がって
いるときで、ADXが下を向いてレンジ相場のときのエントリ方法ですが、
バンドの±2σにレートがぶつかって跳ね返されたところで逆張りでエントリします。

利食い目標は反対側の2σですがミドルバンドを抜けれずに1σに戻された
場合は薄利でも利食いします。

(続く)

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達の来週の戦略は・・・

昨日は大荒れでしたね

昨日は週末動向とはいえ、やたらドル買いに傾倒してましたね。

【左:USD/CHF Daily】 【右:USD/CHF 4H】
usdchf_d1_20090327.gifusdchf_h4_20090327.gif

ドルスイスの日足と4時間足です。

4時間足でレンジを上にブレイクしましたのでロングで追従しています。
日足レベルではまだEMA20の下なので短期で利食うつもりです。

ターゲットは一応レンジ幅分動くとして1.1520ですがその前に1.1480
くらいで日足と週足のEMA20がダブルであるので微妙に届かないかなぁ、
と思っていたら朝起きてチャートを確認したら案の定1.1470あたりで頭を
抑えられていました。

ユーロドルやポンドドルなどドルストレートは軒並みドル買いが炸裂
して急落しています。

先々週、先週の上昇トレンドが急激だったために一旦ガス抜きで
平均への回帰となっているようです。

ここのところユーロドルにしても上昇力がなくエネルギー不足で
したので今日のこの振るい落としにより逆に次の上昇にむけて
エネルギーが蓄積できそうです。ただ、日足のEMA20を守れない
ようですと下降トレンドに転換するかもしれませんが。

今のところまだユーロドルもポンドドルもEMA20の上に位置しており、
まだトレンドラインも割っていませんので上昇トレンドは崩れては
いません。なのでこの下落はよい押し目買いのチャンスだと思います。

来週はちょっと入り方が難しいですね。
ユーロドルは現在フィボナッチリトレースメントの38.2%水準ですし、
1.3250付近でサポートされている限りはロングキープできますので
週明けに目をつぶってユーロドルロングでもよいのですが、下げ
止まってからロングしたいですよね。

来週の見通しは明日書く予定ですが、引き続いてドルスイスの動向が
その他ユーロドルなどの動きを決めるかもしれませんのでドルスイスが
日足&週足のEMA20を超えていくのか、それとも跳ね返されるのか
を注視していく必要がありそうです。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達の来週の戦略は・・・

使用するインディケータについて(私の取引手法 part1)



FXに限らずトレードというものは自分なりの取引手法、いわゆるマイルールに
則って規律のあるトレードを行わなければ勝ちつづけるのは難しいです。

取引手法は裁量系のものからシステムトレードまで色々あるので自分に
合ったものを使えばよいと思います。

私の取引手法は裁量系ですが、極力システマチックな取引をするように
しています。

まずチャートですが、以下のテクニカルインジケータを表示させています。

①SMA200, SMA100, SMA75, SMA50 (SMA:単純移動平均線)
②EMA20, EMA10 (EMA: 指数移動平均線)
③ボリンジャーバンド 1σ、2σ、3σ (ミドルバンドは21日間移動平均線)
④RSI(9) (パラメータは標準の14ではなく9にしています)
⑤ADX(14)
⑥スローストキャスティックス
⑦MACD

色々表示させていますが、補助的に見ているものが多く実は
殆ど使っていなかったりします(汗;

RSI、ストキャス、MACDはほぼダイバージェンスを見るためだけに表示
させています。ストキャスやMACDのラインのクロス(ゴールデンクロス/
デッドクロス)は見ていませんし、買われすぎ、売られ過ぎといった
使い方もしません。

ADXはトレンドの強さを見るために表示させています。
一般的に20以下はトレンドが無い状態、30以上はトレンドが
強い状態、20~30はトレンドが強いとも弱いとも言えない状態
となります。

また、ADXが上向いているときはトレンドがある状態で、
下を向いたときはトレンドレスな状態とされています。

私の手法はトレンドフォローなので、ADXが上を向いていて
30以上という条件を重視しています。

ただADXの値は70とかを超えていくことは殆どなく、
50~60あたりまで上昇した場合はそろそろトレンドが一旦終了
するのではないかといった推測をします。

ADXはそれだけで判断できるものではないですが、トレンドの
強さという他のオシレータでは測りにくい値を表せるのが特徴です。

またADXが30以上のときの押し目や戻りを狙う「聖杯」といわれる
手法もありADXはいろいろ便利ですよ。

移動平均線(SMA/EMA)についてはEMA20と日足のSMA200を最も
重要視して見ています。基本的にサポート/レジスタンスとして機能
するのと、傾きからトレンド方向を見るのと、移動平均線とレートの
乖離幅を見るのに使用します。

SMA200は私が思うに日足でないとあまり有効に機能していないような
気がしますので日足でのSMA200の水準のみ気にするようにしています。

EMA20は最も重要視していてどの時間足でも有効にサポート/レジスタンス
として機能するように思います。EMA20の上にレートがあれば買い、下に
レートが位置していれば売りというのが基本です。

EMA10は補助的に表示しており、強いトレンドが発生しているときはEMA10
で支えられて上昇/下降することが多いです。また、4時間足における
EMA10とEMA20のクロスオーバー(ゴールデンクロス/デッドクロス)が
意外と有効で特にポンド円でのクロスについてはバックテストでも良い結果
が出ています。ドル円はレンジ相場になりやすいのでクロスオーバー戦略は
いまいち有効ではないです。

長くなったのでまた明日続きを書きます。

(続く)

→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

なんだかやりようのない展開です

ロンドン時間に入り週末ということもありアンワインドの展開となっています。

とりあえずオージードルとキウイドルのロングポジションについては利食い
しました。オージーが600pips、キウイが300pipsなのでまずまずの結果です。

【EUR/CHF 4H】
eurchf_h4_20090327.gif

ユーロスイスの4時間足です。

現在どの通貨も取引しようのない展開が続いていますが、ユーロスイスが
フラッグのブレイクトライに行っているのでちょっと注目してみています。

ブレイクしても1.5440付近にあるSMA200が立ちふさがるのですが、
短期的には上に行きそうです。

【EUR/USD 1H】
eurusd_h1_20090327.gif

ついでにユーロドルの60分足です。

今は様子見するしかない状況ですが、フラッグを上に切っていければ
ロングしてみたいと思います。

では、また夜に更新します。


→ブログ村 FXテクニカルトレードのブログ一覧
→FC2ブログランキング1位のMayuhimeさんが\enSPAに出てましたね

本日の為替相場(3月27日)

昨日、ドル円が抵抗線を超えていきそうと書きましたが、やはりNY時間で
超えて98.85まで上昇をみせています。

これで前回高値の99.67をトライする展開になりそうです。

人気blogランキング16位付近のバカラ村さんのブログによると、ドル円は
103円以上でのオプションが増えてきているらしく、上昇するのではないか
とのこと。

私も押し目買いがよいと思い始めているのですが、買いのタイミングとしては
99.67の高値をブレイクしたところで小ロットのロングで入り、その後は押し目
で買い増していこうかと思います。

ドル円をロングするのに懸念材料だったSMA200が99.50付近まで降りて
きていますので、99.50と高値の99.67を超えられれば月足のEMA20となる
102円付近まで上昇が期待できそうです。


ユーロドルは依然として60分足でレンジ相場が続いています。
ただ4時間足でみるとブルフラッグのように見えますので、
なにかをきっかけにして上昇するのではないかと見ています。
現在は様子見するしかないですが上にフラッグをブレイクして
いければロングで入る予定です。

ポンドドルも上昇トレンド中の押し目のように見えますので
あと100ポイントくらい下げるとフィボナッチコレクションの38.2%の
水準ですので押し目買いの準備をしておきたいです。

オージーとかキウイドルなんかもそうですが今まで売られまくっていた
通貨はもう少しリバウンドの余地があると思います。上がったら売る
という戦略は通用しなくなる可能性がありますので基本的には
日足で上昇トレンドを形成していますから押し目買いだけで考えて
いったほうがよいと私は考えています。

クロス円も同様に押し目買いの戦略を継続しています。

さて、本日時間があれば私の取引手法について書いてみたいと
思います。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る
→人気ブログランキングの続きをみる

ドル円は抵抗ラインを超えそう

こんばんは。
今日二回目の更新です。

ドル円が上値抵抗線をブレイクしてきましたね。

usdjpy_h4_20090326.gif

ドル円4時間足ですが、まだブレイク確定じゃないですが上に抜けそうです。
上昇トレンドですし押し目買いに戦略を転換したほうがよさそうです。
ただブレイク直後についていくよりは一旦押し目を待ってからのロングが
よいと思います。

私のように戻り売り戦略をとっていた人も多いでしょうから、これで積み上がった
ショートポジションが踏み上げられれば100円を一気に超えていく可能性が
出てきました。あくまでも可能性レベルですが・・・。



ところで私がアップしている画像はMetaTrader4のものなのですが、
国内でMetaTraderを使用可能なブローカーとして 121証券のRobot FX
という口座を使用しています。

圧倒的に使いやすいMetaTraderですが、121証券はドル円スプレッドが1銭、
ユーロドルも1pipsと従来の2ポイントから縮小してきました。

MetaTrader4の使いやすさに加えてスプレッドも狭くほぼ最強といってよい
FX投資環境です。

また、MetaTraderは日本のソフトウェアじゃないので時刻の表示が通常は
世界標準時刻(日本時間と9時間ずれ)となるのですが、121証券のMetaTrader
は国内業者だけあって日本時間で表示されるようになっています。

ODL JAPANもMetaTraderが使える日本のブローカーですが、
こちらは月曜日の開始が朝5:00から取引可能で窓空きをいち早く確認したり
いち早く決済したりできるという特徴がありこちらも捨てきれないのですが、
日本時間表記されるほうが見やすいので、通常時は 121証券の方を使用
しています。

MetaTraderは私のようにシンプルにラインを引いてテクニカル分析する人には
オススメですよ。



キウイ円レジスタンス突破

本日はキウイが買われていますね。
なんなんでしょうか・・・。

キウイドルが0.5740付近のダウントレンドチャネルを上に抜けたことにより
これで0.6000がターゲットとなります。そこも抜けるとSMA200が立ちはだかる
ため一旦は戻り売り優勢となるとは思いますので0.6000あたりでは一旦
ポジションをスクエアにしておきたいところです。

キウイ円についてもキウイドルの上昇により56.22の高値抜けに成功して
おります。ただ、週足のボリンジャーバンド2σ気になるところでこれを
こじ開けるのは大変だとは思いますが日足ベースですと60円が狙える
ところまできました。やはり押し目買い継続だと思います。


キウイだけでなくクロス円はどれも押し目買い継続と考えています。

その他ですが、ドル円は上値抵抗線をトライしています。上に抜けて
しまうと一旦戻り売り戦略から様子見に変更したほうがよさそうです。
ただ、超えられず反落するなら再び売りで入る予定です。

【GBP/USD 4H】
gbpusd_h4_20090326.gif

ポンドドルの4時間足ですが、ポンドドルは現段階ではエントリは難しい
です。主方向が上に向いていますし、4時間足ではダイバージェンスが
発生しているのでここでは売りも買いもできないのです。
トレンドライン付近まで押しが入るようであればロングで入ってみたいです。
中期的に1.5000ラインまでは上げてくると考えています。


ユーロドルは若干上に抜けそうな形となっており恐らく上値トライをしてくると
思います。

オージードルもキウイドルも上昇トレンドですし、ドルカナダは下値トライを
してくると見ています。

ドルスイスが1.1150を割って来るようだとユーロドルやポンドドルなど
急騰すると思いますのでドルスイスの動向も注視していきたいです。

というわけで結局のところ先週から見通し変わらずといったところでした。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達はどのような戦略を取ってる?・・・
→FC2ブログランキング1位のママさん専業トレーダーMayuhimeさんの戦略を見る

クロス円の押し目買い継続

昨日は欧州時間は堅調だったクロス円ですが、結局NY時間でダウの大幅な
下落により調整に入ってしまっています。

ポンド円も昨日142円を上方ブレイクして一時145円まで上昇したものの、
週足のEMA20で頭を押さえられて、ほぼ全戻しの展開となっております。

ブレイク後にすぐに元の水準に戻るのはよくあることですので、この調整自体は
上昇トレンドを否定するものにはならないと思いますが、ブレイクポイント付近で
再び押し目買いが入るかどうかに注目していきたいと思います。


ドル円は結局というか案の定、上値抵抗線で頭を押さえられて若干ですが
反落する展開となっています。98.20からショートしていますが、あまり値幅
を狙える状況でもないかと思いますので97.80で閉じてしまいました。
次の動きを見定めてから再度戻り売りするか考えたいと思います。


ユーロドルも調整ですね。ドルスイスがSMA200に支えられて下げ止まって
いるのがユーロドルの上昇力を失わさせている要因でもあるのですが、
上昇のペースが早かったため多少の押しはしょうがないところでしょう。
ペナントを形成しての押しですのでブレイクを待ちたいところです。


ユーロ円などクロス円については引き続いて押し目買いの戦略を継続
したいと思います。

NY時間の動き次第ですが今日は様子見ですかね。

ドル円は98.20前後で高止まりしているが

今日はWBC決勝。韓国を打ち破り2連覇を達成しました。
自宅で応援していましたが非常に緊張感のある良い試合でした。


為替相場の方はロンドン時間以降ドル買い優勢ですね。

あと、南アフリカ中銀(SARB)が政策金利を発表して予想通り100bp
利下げで9.5%になりました。まだまだ高金利ですね。
トルコリラと南アランドはまだスワップ狙いでもいけるんじゃない
でしょうか。私は買わないけどね。

ユーロドルが1.3480~1.3730のレンジ相場となっているのですが、
1.3480を下に切れると1.3250レベルまでまた逆戻りする可能性が
あります。その場合はドルスイスが上昇するんでしょうね。
人気ブログランキング12位のロガーロさんはドルスイスを買って
いるようです。

クロス円ではやはりカナダドル円がすこぶる堅調です。

ポンド円も当分押し目買い戦略でいいと思います。
値幅が大きいから押し目買いも難しいんですけどね。

押し目買いをうまく取っていくコツはトレンドが出ているのが前提ですが、
小さな足に切り替えて持ち合いになるのを待つことです。
で、持ち合いをトレンド方向に抜けるポイントに逆指値を入れて追従すると。

押し目買いであったとしても、決して下がっている最中にポジションを
取るのではなく上値ブレイクでエントリが基本です。

あとは持ち合いにならなくてもV字回復した場合は飛び乗るのも手です。
タイトストップで入れますので。



【USD/JPY 4H】
usdjpy_h4_20090324.gif

ドル円は98.20付近まで上げて上値抵抗線にぶつかった後、
持ち合いに入ってます。

ここで持ち合いを下に放れるようであれば予定通り売りで入ろうと思います。
ただ、下落余地もそんなに大きくはないので96円台くらいまで下げたら
細かく利食いを入れた方がよいと思います。また、上に抜けていくようで
あれば99円台にはストップを入れる必要があるかと思います。


キウイ円は56.22のレジスタンスで見事に跳ね返されていますが、
何度かトライして抜けていくと思います。
56.30あたりからロングできそうですね。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る
→人気ブログランキングの続きをみる

ポンド円レジスタンス突破

おはようございます。
現在9:30です。

ポンド円が141.77のレジスタンスを超えて142.20まで上昇しています。

これでポンド円も本格的に上昇トレンド入りとなりそうです。

目標値ですが、148円前後と見ています。
損切りは141.60前後。

その他、クロス円は軒並みロングサインが出ています。

昨日記事としてとりあげたカナダドル円もレジスタンス突破しており
俄然ロング興味です。

豪ドル円も68.26のレジスタンスを突破しましたので70円近くまでの
上昇は期待できそうです。

ユーロ円も131.02のレジスタンス突破で138円近くまでの上昇が
期待できます。

大分市場のセンチメントが変わってきましたね。

ドル円については98円前後では戻り売りでよいと思います。
ストップは99.20前後に。

それでは本日も一日がんばっていきましょう。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る
→人気ブログランキングの続きをみる

カナダ円にロングサインが

NY時間序盤はドル買い炸裂ですね。

【USD/JPY 4H】
usdjpy_h4_20090323.gif

ドル円4時間足です。

ドル円はさらに上昇を続けています。ドル円のポイントとしては
上値を切り下げている流れを切れるかどうかが重要です。

ゆえに99円を超えられずに反落すれば戻り売りショートで入る
のが良いでしょう。

【CAD/JPY Daily】
cadjpy_d1_20090323.gif

まだ確定ではないですが、トレンドチャネルを上にブレイクしそうです。
ドル円のここからの上昇はあまり信じていないのでドルカナダでの
カナダ買いが必要ですがドルカナダもトレンドラインを割ってトレンド反転
しかかっているのでチャンスはあるかと思います。

日足の終値でブレイクしていたらロングしていこうと思います。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る
→人気ブログランキングの続きをみる

レジスタンストライ

みなさんこんばんは!

先々週から扁桃腺を腫らして以降ずっと調子悪いですorz

さて本日はドル円、クロス円、ドルストレートと東京時間から欧州時間
にかけて堅調でした。このままいくのかなと思わせておいてNY時間
始めはドルストレートは行って来いの展開となっております。

ドル円は上に行きましたね。
93.80からロングしていたのですが、96.50で無事リミットに掛かりました。
まだ上げてますが、ラッキーヒットなのでもう十分です。
でもEMA20を上抜けましたね。終値でEMA20の上にいるか下にいるかで
明日の展開が変わりそうです。

ユーロドルは1.3730辺りのレジスタンスを3回トライして失敗しているので
一旦反落しています。こうなると1.3730を上抜けないとロングしにくいですね。
押したところを拾っていってもよいけど1.3730手前では利食わないと危ないし。

ユーロ円の方は131.02を超えていきました。
132円まで行った後押されていますがここはロングオンリーで考えてよいと
思います。

ポンド円はついに141.77をワンタッチしましたね。若干上抜けているので
上昇トレンド入りといってもよいでしょう。
一旦跳ね返されていますが142円を超えたらストロングバイです。
いよいよポンド円のトレードチャンス到来といったところです。

ポンドドルが高値更新していっている状況ですので期待度大です。

オージードルも買い、キウイドルも買い、ポンドドルも買い。
なつかし(笑)のリスク許容の展開ですね。

ここらで油断すると痛い目にあうので含み益はトレーリングストップで
守りましょう。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る

来週の見通し

来週の見通しです。
ドル円、ユーロドル、ユーロ円は以下の記事をご参照願います。

ユーロ円の見通し (03/22)
ユーロドルの上値目処 (03/21)
ドル円の戻り目処 (03/21)

【AUD/USD Daily】
audusd_d1_20090322.gif

オージードルの日足です。

底固めが終わって反発上昇の局面が続いています。
EMA20が上向きでボリンジャーバンドが開いて上昇トレンド入りを
示唆しています。

こういうときはショートなんて考えたらダメです。
現水準でロングをしてもよいくらいなのですがEMA20付近まで
押しが入るようであればロングしていきたいです。


【NZD/USD Daily】
nzdusd_d1_20090322.gif

キウイドルの日足です。
普段あまりキウイはポジションを持たないのですが、あまりにも
上昇力があるので前回高値0.5444を超えたところからロング
ポジションを持っています。

RSIとMACDのダイバージェンスを伴うトレンドラインブレイクで、
ボリンジャーバンドも口を広げており、典型的な勝ちパターン
なのですがどうなるでしょうか。

上昇目標はひとまずSMA200あたりを考えています。


【NZD/JPY Daily】
nzdjpy_d1_20090322.gif

キウイ円の日足です。

キウイドルの上昇のためこちらも堅調です。
現在の水準はトレンドチャネルの上端付近まで上げているので
一度押し目を待ちたいところです。


【GBP/JPY Daily】
gbpjpy_d1_20090322.gif

ポンド円の日足です。

いろんな通貨ペアがボリンジャーバンドの口を広げて上昇トレンドに
入っている中、ポン円だけはボリンジャーバンドの口をさらに狭めて
スクイーズの状態に入っていっています。

141.77のレジスタンスを超えれば結果的にボリンジャーバンドの口が
広がるので142円乗せではロングする予定です。


【USD/CAD Daily】
usdcad_d1_20090322.gif

最後にドルカナダの日足です。

1.3000~1.3050がどうしても超えられない状況ですので方向としては
ショートオンリーで考えたいです。
現在多少戻してきていますがEMA20をEMA10がクロスしかかっており、
EMA10あたりまで戻すようであればショートで入りたいです。
1.2500くらいから戻り売りでしょうか。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達はどのような戦略か・・・
→FC2ブログランキング1位のママさん専業トレーダーMayuhimeさんの戦略を見る
→人気ブログランキング30位付近。まりおさん1000通貨単位だからってナンピンは・・・

ユーロ円の見通し

週末の通貨ペア分析第3弾はユーロ円を見ていきたいと思います。

【EUR/JPY Daily】
eurjpy_d1_20090322.gif

今週は陽線5本、陰線1本ですか。
ユーロドルの上昇により概ね堅調な動きとなったユーロ円の日足です。

現状は131.02のレジスタンスポイントに肉薄しており週初の動きを見守る
必要がありますが、日足レベルではこの131.02を超えることで本格的に
上昇トレンドとなる可能性が高いです。

この131.02というポイントはダブルボトムのネックラインとなりますので
非常に重要で注目されるポイントです。

週初はこのポイントを上抜けるか、跳ね返されるかを見定めるのが先決
で、まだ上に行くとも下に行くとも決めきれない状況かと思います。

来週初の動きとして想定しておきたいこととしては、週足のボリンジャーバンド
2σと現在接触しているのですが、このポイントは上昇の勢いを止められやすい
ポイントですので一旦利食いの売りにより押し目を作りやすい状況となって
います。よって追いかけての買いは避けた方がよさそうです。

トレードシナリオとしては、一度押し目を作ってから再上昇というパターンを
第一シナリオとして考えておきたいです。その場合は、上昇トレンドラインと
EMA20が近接する126円前後の水準がサポートとして強力に働く可能性が
高いと考え、126円で押し目買いをしていきたいです。

第二シナリオとしてはこのまま131.02のレジスタンスを超えて上にブレイク
していくパターンを想定して、131.20あたりまで上げた場合は、逆指値で
でロングエントリしてSMA200のある137~138円台を上昇の目処と考え
たいです。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達はどのような戦略か・・・
→FC2ブログランキング1位のママさん専業トレーダーMayuhimeさんの戦略を見る
→人気ブログランキング30位付近。まりおさん1000通貨単位だからってナンピンは・・・

ユーロドルの上値目処

東京もだいぶ暖かくなってきました。
来週の週末あたりは桜もかなり咲いて花見ができるのではないでしょうか。

さて、今週はユーロドルが急騰した一週間でした。
FOMC前まではまさか1.37まで上げるとは想像もしていませんでしたので
1.3100~1.3300の200pips程度しか取れませんでしたがそろそろ押しが
入りそうな雰囲気もありますので押し目は拾っていきたいところです。


【左:EUR/USD Monthly】【右:EUR/USD Weekly】
eurusd_m1_20090321.gifeurusd_w1_20090321.gif

ユーロドルの上値目処ですが、テクニカル的に分析してみましょう。

月足のEMA20が強い抵抗になる可能性があり、1.3850前後がその水準と
なります。

また、週足で見たときはボリンジャーバンドの2σが1.3920あたりにあります
ボリンジャーバンドはバンド幅が開いているときは一度で±2σを抜けていく
のは難しいため1.3850を抜けても1.3900前後では跳ね返されやすいと思わ
れます。

【左:EUR/USD Daily】【右:EUR/USD 4H】
eurusd_d1_20090321.gifeurusd_h4_20090321.gif

次に日足と4時間足です。

日足では前回高値がSMA200 (水色のライン:200日移動平均線)で
跳ね返されているのがわかるかと思います。SMA200というのは
移動平均線の中でも日足では特に重要とされるラインですので
SMA200のある1.3870~1.3890あたりのゾーンでは戻り売り勢力
が多く参戦してくるものと考えられ、強い抵抗となる可能性があります。

4時間足で見てもトレンドラインとの乖離が大きくそろそろ高値を追いかける
よりは一度押し目を待ちたい水準まで上げてしまっています。
少なくとも4時間足のEMA20がある1.3450あたりの水準まで落ちてくるのを
待ってから仕掛けたいところです。

また、より確度の高い押し目買いポイントとしては、フィボナッチリトレースメント
の38.2%の水準(1.3250)がちょうどトレンドラインと交差するあたりですので
このあたりまで下げるようであれば積極的にロングを取っていきたいと
考えています。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る

ドル円の戻り目処

昨晩はドル円が終始堅調、またユーロドルはウェーバー独連銀総裁が、
ECBの追加利下げについて言及したことでユーロ売りが優勢となりました。

週末なのでもっと解消フローでドル買い動向になるかと思っていましたが、
円とユーロに対しては強含んだものの、あまり動意づくほどではありません
でした。

ドル円が買われたことによりクロス円はどれも堅調となりました。
特に豪ドル円とニュージーランドドル円が高値更新で強気相場でした。

ドル円はFOMCをきっかけに水曜日、木曜日とドル売り一色となりましたが
ニュース起因でのドル売りでは長くは続かないだろうと思っていましたら
金曜日はショートカバーで買い戻しの展開となりました。

それではチャートを見てみましょう。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派の人達はどのような戦略か・・・
→FC2ブログランキング1位のママさん専業トレーダーMayuhimeさんの戦略を見る

続きを読む・・・

ドル円回復でクロス円堅調

カナダのリテールが発表されました。

【予想】[前月比]+1.0%
【結果】[前月比]+1.9%

市場は事実売りを仕掛けているのか指標は良い結果だったのにもかかわらず
発表後からカナダは売られています。

今日のドルカナダは乱高下気味で難しいですね。

今週はドル安でしたが、FOMCでのニュースでのドル売り週間だったので、
週末ということで買い戻される可能性が高いかと思います。

ドルスイスやドルカナダはここから上昇するかもですね。
ただ、ドルカナダは上がったところは売っていきたいです。


ドル円が買い戻されている関係で、クロス円が堅調です。
特にオージーとキウイが堅調ですね。

オージーとかは新高値をつけながらの上昇ですので、まだまだ
短期上昇トレンドは続きそうです。

豪ドル円の2時間足を見ているのですが、ボリンジャーバンドが
広がってきており、上昇トレンド再開を示唆しており、豪ドル円で
70円くらいまでの上昇があるかもしれません。

キウイドルもレジスタンスをブレイクしてから堅調でオージーキウイ
なんかを見てもキウイの方が買われています。

まだNY時間に入ったばかりですがドル円がこのまま上昇していくか
どうかを注目したいと思います。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る

本日は週末ポジション解消フローか

みなさんこんばんは!

今週はFOMCをきっかけに大きくドル売りが進んだ一週間でしたので、
週末の解消フローに気をつけないといけないところです。

個人的にはドル円の反発に期待しており、ちょっと売られ過ぎましたので
昨日から93.80でロングポジションを取っています。

大分戻してくれていますが、もうちょっと回復するのではないかと考えて
いますのでNY時間の展開次第では週末を持ち越すかもしれません。


ユーロスイスですが、スイス中銀の介入以降1.52~1.5450あたりの
狭いレンジで揉み合っています。

ブレイクしたほうに付けば大きく取れるかもしれません。
今のところ下攻め中ですが、個人的には上に行くのではないかと
見ています。まぁ予想はあたらないのでブレイクしたほうに付いて
いけばよいのではないでしょうか。

ただ下にブレイクした場合は依然として為替介入の警戒感があると
思いますので、あまり値幅は狙わず利食っていったほうがよいと
思います。

→ブログ村 FXテクニカルトレード派を見る
→FC2ブログランキングを見る

ドルカナダを取り損ねた反省会

ドル円反発中です。どこまで持つことやら・・・。

それはそうと、最近のトレードは収益だけ見れば非常に調子がよい
のですが、ひとつ失敗したなぁというのがありますので反省の意味も
込めてブログに記録に残しておこうと思います。

失敗したトレードですが、それは・・・


→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る


ドルカナダのトレンドラインブレイクに乗れなかったことです。

チャートを載せます。(画像をクリックすると大きくなります)

usdcad_d1_20090318.gif

ドルカナダの日足です。

ドルカナダはここのところ日足のトレンドラインになんとか支えられて
いましたが昨日トレンドラインがブレイクされました。

トレンドラインのブレイク自体はダマシも多いのですが、比較的確実性の高い
パターンとして、トレンドラインにEMA20とレートがともに接近してEMA20ごと
一気にブレイクする場合があり、この場合は高い確率で大きな値幅を
取ることができます。

チャートを見ていただければわかると思いますがEMA20(ピンク色のライン)
とローソク足が徐々にトレンドラインに接近してトレンドラインを割ると一気に
下にブレイクしているのがわかるかと思います。

このチャートの形は勝率がよいので基本的にこういった場面はトレード
していかないといけないのですが今回はユーロドルやユーロ円、オージーなど
いろいろな通貨ペアのポジションを持っておりドルカナダにまであまり意識が
いっておらず見逃してしまいました。

ノーポジなら間違いなくトレンドラインの下に逆指値を置いて仕掛けたところ
なのですが・・・。

あとは、1.3000乗せにこだわっていた部分もありドルカナダの売りでの仕掛け
にあまり乗り気でなかったこともあり注意がいっていませんでした。

FXで一時的に利益をあげるのは簡単なのですが、勝ちつづけることを
考えると、こういった確実に取れる局面で取っていくことが重要ですので
今回は失敗だったなぁと反省しています。

ドルカナダはこれでトリプルトップをつけての下落ですので、本格的に
戻り売りの戦略でいけそうです。

追いかけはしないことにしているので戻りを待って仕掛けてみたいと
思います。

⇒FC2ブログランキングを見る

このままドル売りでよいのか

昨晩のFOMC声明のあとのドル売りはすさまじかったですね。

ユーロドルなんか一瞬で300ポイントオーバーですから。

昨日1.3100からユーロドルをロングしてましたがあっという間に1.3300の
リミットに引っかかってました。正直こんなに早く到達するとは思って
いなかったのでレジスタンスの上には注文を入れていなかったので
1.3500までの利幅は取り損ねてしまいました。もったいない。

ドル円も当初懸念していた以上に下落の足が早く日足のEMA20を
あっという間に突き抜けてしまいました。

ただ、ここからドル円が下げっぱなしになるとは考えていません。
まだ日足レベルではリトレースメント38.2%の水準ですので、
このあたりで下げ止まるようであれば再び98円台くらいまでは
上げる可能性はあるかと思います。

ただ、日足のEMA20を割ってしまいましたので、ここからは
戻り売りの方が投資効率は良いとは思います。

基本的には50~100ポイントくらいで細かく利食っていけば
売りでも買いでも勝負できそうな状況で、逆に言えばどちら
にいくかよくわからんという状態です。


さて、またドル売りが加速していますね。

ちなみにあまり普段ポジションをとらないのですが、キウイドルが
0.5450のレジスタンスを超えてきたので買ってみました。

オージードルも0.6847のレジスタンスを超えましたね。
私はオージードルはリミットを入れずずっと買いっぱなしでほったらか
しています。

あとはポンドドルですかね。ダウントレンドラインをようやくブレイクして
急騰しています。やはり当分は押し目買い戦略だと思います。

→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

ユーロドルは1.3100のレジスタンスを突破

ずっと動かないんでつまんねーとか思ってましたが、さきほど
ようやくユーロドルが1.3092のレジスタンスポイントを超えていきました。
これで次は1.3329の高値が上値目処となります。

一応ユーロドルのロングを小額ですがポジってみました。
1.3300リミット、1.2990ストップであとはほったらかそうかと思います。

ユーロドルの上昇によりユーロ円も129円台に乗せてきましたね。
131円のレジスタンスまで上昇できるでしょうか。

そしてユーロドルの上昇とともにポンドドルも値を戻してきています。
とりあえずポンドドルは弱いにしても今まで何度か書いていますが、
今は上昇するときの方が値幅が取れるのでショートするときは早めに
利食ったほうがよいです。

それにしてもドルスイス下げましたね。
あっという間に日足のEMA20まで下げてます。
ここで反発できないとまた1.1420を攻めにいく展開になって
いきそうです。

ユーロスイスはそんなに下げていないのでまだ為替介入警戒という
ところまではいかないかもですね。


あと、ドル円がチャート上トップアウトした可能性があります。
まだ確定ではないですが、ボリンジャーバンドの口も閉じかかって
いますし、上昇トレンド終了のサインがいくつか出てますね。

とりあえず日足のEMA20をトライする展開となるのではないでしょうか。

ここからはクロス円よりもドルストレートの方がトレードしやすいかもですね。


→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

ポンド売り炸裂

FOMCまで動かないのかと思っていましたが、英ポンドが悪い指標値
の発表により売られています。

(英)2月失業率
  予想4.0% 結果4.3%
(英)2月失業保険申請件数
  予想+8.48万件 結果+13.84万件

今からポンドを売るならポンドスイスでしょうか。
かなり下げていますが、まだ下値余地が十分あります。

私が持っているポジションですとユーロポンドがフェイバーです♪
1.0000に向けて上昇開始でしょうか。

現在はポンド以外に対してはドル売りの展開ですね。

このタイミングでのドル売りはポジション調整なのか本気で売っているのか
ちょっと分からないのですが、FOMCが終われば相場ももう少し動いていく
と思われます。

私の狙いとしては変わりなくユーロ円のロング、オージードルのロング、
ユーロポンドのロングです。

ユーロスイスもロングしているのですが、ドルスイスがかなり下げている関係
でユーロスイスも下落基調です。こちらは損切られるかも。

→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

方向感が出ないですね

みなさん、こんばんは!

本日のFXマーケットはいまいち方向感に欠ける展開です。

9:30に発表されたRBA議事録では、まだ利下げを継続しそうなコメント
だったのでオージーが売り込まれるかと思っていましたが、そうでも
ないようですね。

今現在(22:00)はユーロやポンドなど欧州通過よりもオセアニア通貨が
堅調です。


ドル円ですが、ブルフラッグを上に放れていますので通常であれば
強気ロングなんでしょうが、ドル円は100円以降レジスタンスが多い
ため、ここからは売りで入るタイミング探しかと思います。
暫くは持ち合いが続くのではないでしょうか。


ユーロドルは上昇トレンドの角度を上げて上昇を続けていましたが、
本日その短期の急上昇トレンドラインを割ってきつつあります。
いきなり急降下はしないと思いますが一旦上昇一服、持ち合いに
入るのではないでしょうか。

下げても1.2800あたりまでかと考えていますので、押し目は拾って
いきたいところです。


ポンドドルはユーロドルよりも明確に下落してきています。
下値は固めつつありますが、基本的に売られやすい通貨なので
今日のように上がったところを細かく叩くとよいのではないでしょうか。
利食いは早めがよいと思います。


ドルカナダが上昇トレンドラインになんとか支えられて頑張っています(笑)
ただ、ポンドドルやユーロドルがこのまま下落する展開となれば、
ドルカナダは上昇して1.3000を再び超えていく可能性がありますので
ちょっと注意してみていきたいです。


ユーロポンドが上昇していますね。
まだロングキープしているのですが4時間足でボリンジャーバンドが
まっ平らな状況ですのでアッパーバンドの0.9300にぶつかって下げる
ようであれば一度利食いを入れようかと考えています。

でもユーロポンドはまだ買い方向だと思っています。

→人気ブログランキングの続きをみる
→ぶろぐ村ランキングの続きを見る

ユーロスイスは買い

さて、NY時間になって欧州時間の流れと逆行する動きとなっており、
若干調整に入っていますね。

そんななか、60分足でボリンジャーバンドのスクイーズからの
エクスパンションを見せつつあるのがユーロスイスです。

ユーロスイスはスイス中銀の介入対象だったため、介入の
警戒感からあまり下げないと考えていますが、チャート的にも
短期的に上昇トレンドに入っていきそうでしたので、
レポートしてみました。

ユーロポンドあたりも値を戻してきてますし、ポンドは売り圧力が
かかるかもしれませんので注意が必要です。

あと、ドル円はゆっくりですが上値トライを続けています。
98.70を超えるなら50pips程度99.20あたりまで上昇を
取れそうな気がしてます。


アメリカの指標発表されましたが、どれも値悪いですね。
ただ、それでもあまりドル円には影響がないところを見ると
今日はドル円は上げてきそうな予感がします。

欧州通貨とオセアニアが堅調ですね

夕方からドルに対してユーロ、ポンド、オージー、キウイと堅調です。

現在20:00の水準は以下の通り。

ユーロドル:1.3040
ポンドドル:1.4200
オージードル:0.6624
キウイドル:0.5310

→人気ブログランキングをみる

ユーロドルは次は1.3092のレジスタンス、そこを越えると、1.3329のレジスタンス
をトライする動きとなりそうです。

乗り遅れた人はここから追いかけるのではなく、しっかりと押し目を待ってから
ロングしたほうがよいと思います。

ポンドドルも1.4300付近のレジスタンスポイントは高値とトレンドラインが重なって
おり多少強力かと思いますので追っかけは程々にしたほうがよいです。
チャンスはいくらでも来ますので。


ここからですが、ドル円が98Midのチャネルを上にブレイクトライしているのが
気になっています。ここを上に抜ければユーロ円なんかはさらに急騰する
のではないでしょうか。

ドル円の上値はもう限られているのでクロス円のほうが値幅が取れると
思います。

ユーロ円が現在128.14と今年の高値128.53に肉薄しています。
超えていくとは思いますが、展開次第で叩かれるようですと一度
ユーロ円のロングは利食いを入れようかと考え中です。

豪ドル円は結局65円に乗せてきましたね。
チャネルラインで上値を押さえられておりもう一息待ちたいところです。
チャネルラインのブレイク後、一旦押しを待ってからロングしたいですが
押し目待ちに押し目なしなんていいますのでどうでしょうかね。

ポンド円については現在139.70ですが、一度ブレイクされた4時間足での
上昇トレンドラインまで上げてきていますので一旦破られた上昇トレンドライン
はサポートからレジスタンスに変わりますのでここで一旦叩かれてもおかしく
ない水準です。

やはり追いかけてのロングは危険かと思います。


本日の経済指標ですが、

21:30 (米) 3月ニューヨーク連銀製造業景気指数
22:00 (米) 1月対米証券投資
22:15 (米) 2月鉱工業生産

そろそろ指標前1時間というところなので、ポジション調整が入るかも
しれないので、何度も言うようですが高値追いは危険なので気をつけた
ほうがよいかと思います。

→ぶろぐ村ランキングを見る

« 前の記事  | HOME | 

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


プロフィール

やまもと

Author:やまもと
横浜在住FXテクニカルトレーダーのやまもとです。
専業トレーダーならではの濃い情報を提供していきたいと思いますので、みなさんよろしく。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ相互リンクとランキングプラス

このサイトではFX(外国為替証拠金取引)をトレンドライン&EMA20を基本としたテクニカル分析によるチャートポイントを日々解説しています。基本的に毎日更新しています。


FXランキングサイト


FXランキング」に参加しませんか。競争激化する前の今なら上位進出も可能かも!?

↓応援ポチいつもありがとうございますm(_ _)m
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ
FXテクニカルトレード派
相互リンクとランキングプラス
FC2ブログランキング
FXブログランキング
FXランキング(fxrk)
FXランキング(fxranking)
為替サイトランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。