FX投資術 EMA20とトレンドラインで攻略

 | HOME | 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FX来週の展望

さて、やっと週末です。。今週も疲れました。。

結局終わってみれば私がひたすら戻りを叩いていたポンドだけが躍進した一週間でした(汗;

ユーロドルやオージードルがひたすら叩かれているなかでの
ポンドの一人勝ちですので、なんだか狐につままれたような
気分ですが気を取りなおして分析していきましょう。

【USD/JPY Daily】
usdjpy_d1_20090131.gif

【USD/JPY 4H】
usdjpy_h4_20090131.gif

ドル円の日足と4時間足です。

日足のEMA20をまだ超えていないため頭が重たい展開が予想されますが、
RSIのダイバージェンスを伴って上昇しているためこのままトレンドラインを
ブレイクできれば前回高値の94midくらいまでの上昇は期待できるところです。

下落した場合ですが、輸出企業のことを考えるとあまり考えたくないですが、
87円を割ると80円くらいまでの下落は考えておかないといけないでしょう。

【USD/CHF 4h】
usdchf_h4_20090131.gif

ドルスイスの4時間足です。

現在トレンドがはっきりしていないですが、1.1713の高値を
超えられれば上昇トレンドキープとなりますので引き続いて
買いだけで考えたいです。

【GBP/USD Daiily】
gbpusd_d1_20090131.gif

ポンドドルの日足です。

EMA20を超えちゃいましたね。

ユーロドルも上昇しているのであればわかるのですが、ドルストレートは
ポンドの一人勝ち状態なので???な感じです。まさかとは思いますが
ポンド買いの介入とかされてないでしょうね?と疑ってみたくなるほど
気持ちのよい上げで引けてます。

次の目処は下落のメジャートレンドラインを超えていけるかどうかに
注目していきたいです。

超えられるようですとテクニカル的にはロング戦略に転換となりますが
週足月足でのトレンドに逆行するのであまりロングしたくはないので
個人的にはポンドドルの取引は見送ると思います。

【GBP/JPY Daily】
gbpjpy_d1_20090131.gif

ポンド円の日足です。

トレンドラインをブレイクしてEMA20も超えてきてます。
ダイバージェンスを伴う上昇なのでトレンド転換があるかもです。

目標値は前回高値の141円付近でしょうか。
900pipsくらいの値幅があるので、だまされたと思って来週ロング
してみたいと思います。ポン様ですので速攻でストップにかかるかも
しれませんが。

【GBP/CHF Daily】
gbpchf_d1_20090131.gif

ポンドスイスの日足です。

トレンドラインに急接近してきましたのでちょっと注目していきたいです。
ブレイクするようであれば週足のEMA20付近までの上昇が期待できます。


【EUR/GBP Daily】
eurgbp_d1_20090131.gif

最後にユーロポンドですが、トレンドライン割れしたことにより0.88
まで急降下する展開となっています。

前回安値を下回って引けてしまいましたので、ここからは売るなら
ポンドよりはユーロやオージーのほうがよさそうですね。

スポンサーサイト

ポンドはもう終わった?

さて、ジムロジャースの「英ポンドはもう終わった」発言で逆にポンドは反発局面に入っています。あまりこの発言起因というわけではないでしょうけど。。。

本日は週末ですので通常ですと解消フローを考えるところですが、今週はユーロは行って来い、ポンドドルは上昇はしてますがハッキリとしたトレンドは出てませんでしたので上下どちらにいくかは全くもって不明です。

ユーロはこれ以上は突っ込んで売りたくないので戻りを待ちたいところです。
また、ポンドドルは長い目でみればまだまだ下落すると思いますが妙に底固いのが気にはなります。
ただ上げたなぁと思って数時間たってレートを見ると下げていたりするのでやはり短期的には戻り売り勢が多いということになります。

ポンド円にしてもポンドドルにしても日足のEMA20が抵抗線となっており、EMA20を抜けない限りロング戦略はありえないです。逆にEMA20を超えてくるようであれば現在持っているショートのポジションは損切りしたいと思います。

ユーロポンドはトレンドラインを割ってしまいましたね。
もう一息下落するかと思います。
ってことはポンドドルは今日は引けにかけて上昇するかもですね。

今週はスイングトレード向きではない難しい展開でした。
来週はトレンディな相場となるとよいのですがどうなるでしょうか。

今週は調整で終わるか!?

うーん、ポンドドルにしてもドルスイスにしても相変わらずチョッピーな動きで方向感が定まりませんね。

ポンドドルは東京市場からロンドンにかけて順調に下げたと思ったらNY時間で一気に戻して上昇してしまいました。今週は東京、ロンドン、NYと同調して動くことがあまりなく方向感がだせないまま週末を迎えつつあります。

結局のところ先週の下落の調整局面ということなのだと思いますが、テクニカル的には61.8%戻しまで到達しているためここらで下落しないようですとレンジ相場に入り込む可能性もあります。

ポンド円も130円くらいでは頭が重い展開が予想され、そろそろ売り場探しかなと思うのですがドル円がまだ上昇余地があるのでドル円次第ではポンド円もまだ上昇する可能性があります。

カナダ円はトレンドラインで頭を抑えられて反落してしまいましたが、次のトライでブレイクできるようであればロング興味となります。

ユーロポンドはトレンドライン付近までまた下がってきています。
サポートされると考えていますが、ブレイクされるようであれば0.88~0.89くらいまでは
下落余地があるかなと考えています。

とりあえずどの通貨ペアも次の展開待ちなのでおとなしくチャートを観察していきたいと思います。

クロス円はダイバージェンス

みなさんこんにちは!

ある程度予想はしてましたがユーロドルやポンドドルはまだ上昇を続けています。
とりあえず1.4300で売り増してみました。
1.4400まで上げたらまた売り増し予定です。

その他、ユーロ円、ポンド円、カナダ円はRSIで強気のダイバージェンスを発生させており、
一旦上昇トレンドに転換する可能性があります。

ダイバージェンスは下値を切り下げているのにテクニカル指標は下値を切り上げているといった逆行現象のことをいいます。オシレータ系のシグナルとしては最も有効なシグナルのひとつですので覚えておいて損はないです。

他、ドルスイスは押し目が続いてましたが下値を固めつつありますので1.1450あたりまで上昇するようであれば再びロングをとっていきたいと思います。

ポンドを試しに叩いてみました

みなさんこんばんは!

FX相場は先週の流れのリバウンド局面となっているようです。
東京時間、ロンドン時間とユーロドルもポンドドルもすごい勢いで上昇しました。

ポンドドルですが1.40Lowをあっさり上抜けたのですが、まぁあまり上昇しつづけることもなかろうと打診的に1.4220でショートを仕掛けてみました。

1.4300 1.4400 と上げても売りあがるつもりでいたのですが、1.42レベルで一旦反落してくれています。このまま下方向に抜けてくれると楽チンなのですが今週はまだちょっとわからないですね。

ドル円も89.70でロングしたのですが、こちらは負けトレードかもしれません。
1時間足のトレンドラインで一旦サポートされていますがNY時間どうなるでしょうか。

ドルスイスは先週末から反落していましたが本日、日足のEMA20でサポートされて上昇しています。
ユーロドルもEMA20で頭を抑えられてますね。

ユーロドルは聖杯のテクニカルサインとなっており本日の高値を超えない限りショートを取っていってよいのではないでしょうか。

ドル円は一旦上昇でしょうか

さて今週のFX相場や如何に。

本日はユーロドルやポンドドルが東京オープンから窓をあけて下落していましたが、金曜日の安値を割ることはできず、結局下値攻めに失敗してロンドンタイムからは上昇に転じています。

ポンドドルの見通しとしては1.39に弱めのレジスタンスがあり、あとは1.4000Lowが1時間足レベルでの前回高値となるので、ここを超えていけるのかどうかがひとつの鍵となりそうです。ただ、現在の上げは戻り売り勢には売るタイミングがとれるため逆に都合がよいのではないでしょうか?

次の売りどころですけど、1時間足レベルで上値トライを2~3回失敗したあたりでショートをとっていきたいです。おそらく次の下落トレンドが再開されれば1.30レベルまでの下落があると考えています。

その他、注目していたドル円ですがやはりまずは上値トライの展開となっています。
私は88.70で打診的にとったロングを89.30で一度4時間足のダウントレンドラインにぶつかったため利食いました。次は89.70にロングの逆指値エントリを置いています。

ユーロポンドとドルスイスのロングも本日手仕舞いしました。

現在ノーポジションで気分も軽いです♪

明日くらいまでは様子見でポジションをとっても小額で打診的なポジションのみとなると思います。

FX相場:次週の見通しです

先週は欧州通貨がドルに対して弱含む展開となりました。

今週は反発するのかさらに続落するのか、チャートを見てみましょう。

【USD/JPY 4h】
usdjpy_4h_20090125.gif

ドル円の4時間足です。
ひとまず90円に乗せないことには上昇の目はない感じですが、無謀!?にも私はロングしてます(笑)
一応87円でダブルボトムを付けているためのロングですが、もちろん87を割り込むようであればショートに転換です。
どちらにせよドル円はあまりあがらないと思いますが。下げも限定的となると見ています。

【USD/CHF 4h】
usdchf_4h_20090125.gif

ドルスイスの4時間足です。
4時間足の上昇トレンドラインを割り込むかどうかが今後の焦点となります。
月曜、火曜の展開をみて方向を判断したいと思います。

【EUR/USD】
チャートは載せませんが、下落の目標値まで達しており一旦は上昇しそうな雰囲気です。
但し、こちらもドルスイスと同様に月曜、火曜の動きを見てから次の展開を考えたいと思います。
基本的にはユーロにせよポンドにせよ売ることだけ考えるほうが安全だとは思います。

【GBP/USD】
gbpusd_d1_20090125.gif

ポンドドルはボリンジャーバンドの口が開いてトレンドの発生を示唆しています。週初一旦上げるかもしれませんが上昇も限定的でどこで戻り売りを仕掛けるかを探る展開かと思います。

ただ、G7でポンド安についての議題があがるとされており、口先介入などポンドが買い戻される要因もありますのである程度警戒は必要と思います。ただ英国の経済状態が悪いのは明確なので介入等で上げたところで結局は戻り売りのターゲットにされるだけではないでしょうか。

ファンダメンタルズも下、トレンドも下なので素直にショートをどこでするかだけ考えておいたほうがよいです。


最後にクロス円は全般的にだいぶ下落がすすんでますが一旦反発上昇しそうに見えます。
オージー円やカナダ円はここから売るよりは短期的にはロングが面白そうです。
ただ、トレンドに逆行なので大きなポジションをとるべきではないですが。

ドル円にせよクロス円にせよ、みんなが悲観的なことを言うようになってきているのでこんなときは反発するものです。今週はあまり無理せずポジション取りよりも次の展開を見極める週としたいです。

それでは明日から頑張っていきましょう!

来週はまずは様子見

結局週末は解消フローによりユーロやポンド、カナダなど主要国通過はドルに対して買い戻される展開となりました。

来週に向けてのチャート分析は明日書こうと思いますが、どの通貨ペアもチャートだけ見ると次の展開が読みにくい状況であり、週初は相場がどう反応するか様子見したほうがよいかと思います。

ポンドドルですが、1.3681のサポートを一時的にせよ割ってしまっていますので、まだまだ下落する可能性が高いと思います。次の主要なサポートというと1.0463までないんですよね。

私も金曜日のNY時間にショートカバーで1.3660まで上げたところでポンドドルのポジションは全てクローズしたので、次にどこまで上げて戻り売りすればよいか思案中です。1.4300レベルが上げの限界ではないかと思っていますので勢いよく上げていっても 1.40前後, 1.42前後と複数回に分けて売っていこうかなと考えています。

タイミングよく戻り高値を売れなかったとしても金曜日の安値を下回る展開になれば問答無用で売っていく予定です。

あとはドルカナダが結局上昇できず反落してしまっているのですが現在EMA20に到達して若干割れている状況ですので、このまま下落するようであればショートを、反転上昇すればロングをとっていこうと思います。

ユーロポンドはまだロングを持っているのですが、ここ2~3日、1時間足でダイバージェンスとなっており金曜日の上げたところで利食うべきだったかもしれません。1時間足でのトレンドラインを割りかかっているので月曜日のオープン直後にでも下落スタートするようであれば一度利食いをして様子をみたいところです。

ではまた明日。

週末の解消フローに注意

みなさん、こんばんは!

ロンドンタイムは欧州通貨がドルに対して売られる展開となりました。

ポンドドルが1.3600を割ってきたのには少々驚きを隠せませんでしたが、23時の段階では解消フローに入ったように見えます。

1.3620がサポート割れでレジスタンスに変わっており若干まだどちらにいくかわからない状況ですが、ドルスイスが買われているなかでポンドドルが上昇してきているのでポンド単体では買い戻しに入ったと見てよさそうです。

というわけでポンドドルのショートはこのままいくとトレーリングストップに引っかかりそうです。

今週は十分な利益が出せました。口座資金も年初から20%くらい増加して幸先のよいスタートが切れました。負けトレードもたくさんあったのですがやはりトレンドに乗れると儲かりますね。

来週も引き続いてポンドの戻り高値を叩いていくイメージでいます。

ちなみにドル円を打診買いしています。チャートの形からすると反転上昇する可能性の方が高いと思っています。ただし92円くらいまで上げないと頭の重たい展開となるでしょうけど。

ユーロ円はチャートポイントとしては危ないところに差し掛かっています。前回安値を下抜けするようだと99円くらいまで下落する可能性があるように見えます。

だらだら書いている間にポンドドルは解消フロー全開になりましたね。ポンドドルは一旦全ポジ手仕舞いしました。

今日はどこまで下がる!?

さてポンドは本日もどこまで落ちるんでしょうか(汗

ロガーロさんがショートしまくりですごい含み益になってます!


昨晩のNY時間はまさに狂気の乱高下でドル円は1時間くらいで3円も急落してその後引けにかけて急反発でした。ドル円はこれでダブルボトムとなってこれ以上の下落は一見無いように見えますがどうでしょうか?

ただ、ドル円は89円を割ったのは若干痛いですね。EMA20付近ではどうしても戻り売りされやすくなると思います。この流れを切るためにはEMA20ラインの91.50越えがどうしても必要となってきました。
しばらくはレンジ相場だと思いますが。

ポンドドルのスイングポジションですが、1.48でとったショートはほったらかし。1.43割れで売り増したポジションは1.37Highで一度利食いをしました。その後1.3670で追撃のショートを行いましたが1.3920で一旦ストップ。今朝1.3977で戻り売りでポジリ直してみました。だいぶ落ちてきましたが1.36ラインはちと固いですね。売り増しポジは細かく利食いしたほうがよいかもと思っています。

1.1320でロングしたドルスイスもノロノロですが順調に上げていますし、ユーロポンドはもっと上げています♪♪順調順調♪♪

さてあと30分くらいでカナダと米国の指標発表ですね。

・22:30 (加) 12月景気先行指数
・22:30 (加) 11月小売売上高
・22:30 (米) 1/18までの週の新規失業保険申請件数
・22:30 (米) 12月住宅着工件数
・22:30 (米) 12月建設許可件数

私は指標スキャルはでやらないのですがカナダは1.30に向かうのかどうか気になっているのでリテールの結果に注目しています。

明日は週末の解消フローが怖いので全ポジション一旦閉じようと思います。

ポンドドルは2001年の安値1.3681に迫る

みなさんこんばんは!

ポンドドルが2001年の安値1.3681に迫ってきています。
ここで一旦サポートされるかどうか大注目です。

本日は英国の失業率など重要な指標が発表されています。
失業率については予想3.5%のところ結果が3.6%でした。
また、(英)12月失業保険申請件数については予想8.10万件のところ結果が7.79万件でした。

やはり英国も本格的に景気後退が進んでいるとみるべきで当分の間ポンドは売られやすい状態が続くと思われます。今年中にポンド円が100円を切る可能性も出てきていると考えています。
ユーロポンドも上昇に入っておりこちらも今年中にパリティ(1.00)までは到達するのではないでしょうか。

ポンド以外でちょっと注目しているのはカナダ円です。

【CAD/JPY Daily】
cadjpy_d1_20090121.gif

現在70円Lowのサポート付近での攻防なのですが、RSIを見る限り下落よりも上昇しそうに見えますが69.80まで下げるようであれば打診的にショートをとってみたいと思います。

ポンドドルのターゲットは1.2900

みなさんこんばんは!

ポンド売りが止まらなくなってきましたね。

ポンドドルは昨年11月から高値1.57安値1.43のレンジ相場でしたが本日1.4300のサポートを割れて下離れしました。

レンジブレイクの基本としてはレンジ幅分動くとされており、1.29のターゲットが導きだされます。さて、そこまで落ちるでしょうか。

ポンド円もボリンジャーバンドを押し広げて下にブレイクしており下落トレンド再開の様相です。ポンドスイスも戻りの局面が終わり再び下落トレンドが再開しています。

ポンド円の下落目処ですが118円~119円くらいまで落ちる可能性があります。一昔前のドル円の水準ですね。

こんな展開のときはとにかくトレンドに逆らわないことです。トレンドのハッキリしないドル円やオージー円などは現在は売買するには難しいので素直にトレンドの出ているポンドがらみが今は簡単に利益がでますよ。

ポンド以外ではドルスイスが1.13にあったレジスタンスを抜けてきたためロングポジションをとっています。今のところは若干いまいちな上げですがしばらくはだらだらと上げてきそうな展開です。気長に待ってみたいと思います。

ドルカナダは1.30超えをめざす展開となっています。果たして超えられるでしょうか?1.30をハッキリと超えてくるようであればロングで追従したいところです。

ポンドはやはりというか・・・

いやぁ、やっぱりポンド弱いですねぇ。。。

ポンドドルの1時間足はMの字を描いてネックラインの1.4655を割ってきています。1.4347の安値に向かいそうな雰囲気ですね。私は1.4820で売っているのでポジショントークになってしまいますが。

ただちょっと急激に下げすぎているので1.43を割れの前に一度リバウンドしそうな気もします。1.43を割れるようなら気合(笑)で売るつもりですが、サポートされてリバウンドされるようであれば一度利食うつもりです。戻したところではまたショート攻めですが。

ユーロポンドも先週末はどうかと思ったのですが上にいきそうな気配があります。0.93に乗せるまでは油断できないですが今年中にパリティに到達するのでは?

ポンドドルのショートのほかおもしろいところとしては、ドルスイスが4時間足でスクイーズを上に抜けそうな状態となっており、現在1.13のレジスタンスポイントまで上げていますがここをうまく抜けるようであればロングでついていきたいところです。

オバマさんへの期待感があるでしょうから一旦はドル買いとなりそうな気がしています。その後、落胆から下落するのでしょうけど(^^;;

応援ポチよろしく↓

今週の展望

みなさんこんばんは!

先週は終わってみれば行って来いの展開で中期の方向性は見い出せませんでした。各通貨レンジのなかでの動きとなっており日足の移動平均線EMA20付近に位置している通過ペアが多いため今週は難しい展開となりそうです。

【USD/JPY】
ドル円ですが、EMA20まで再び上昇しておりますがやや下に位置しておりEMA20を超えられずに反落するようであれば再び88円付近までは売られる可能性があると思います。たたしチャートの形状としては下方向への動きがフェイリャーとなってダブルボトムを付けておりひとまずは上昇期待のほうが高いかと思います。

【USD/CHF】
ドルスイスはEMA20がサポートとして機能しておりひとまずは上を狙う動きとなると見ています。先週は揉み合いの展開だったため上に抜ければ大きく抜ける可能性もあるかと思います。

【EUR/USD】
先週はあるていど下落の目処となる1.31まで達しており、リバウンドが期待できるかと思います。イメージとしては週初上昇で上がったところは戻り売りされて週末にかけて下落というイメージです。どちらかというとドル主導の展開になるのではと思っておりドルスイスが揉み合いを抜けた方向の逆にユーロドルが動くのではないかと見ています。

【GBP/USD】
ケーブルは金曜日NY時間までは急上昇して1.49まで上昇しましたが終わってみれば1.47の水準という行って来いの展開でした。結局ポンドはテクニカル的な上昇はあっても実体経済が弱いので上がったところはみんな売ってくるため今年は「どこで売るか」だけ考えていればよいのではないでしょうか。

チャート的にはEMA20を下回って引けており引き続いて戻り売りの戦略かと思います。1.43を割れるようですと下落目処は1.30割れまであるかというところ。上は1.54がせいぜいかと思いますが今のところRSIとMACDが強気のダイバージェンスとなっており短期的には上を攻める可能性はあり、1.57がレンジの上限なのですが、金曜日の引けの売られ方を見るとそこまで行かず売られるのではと思います。

【AUD/USD】
上昇トレンドラインを割れており一旦売られやすい展開が続くと思います。下は0.63くらいが下落目処かと思います。しばらくは静観していたい通貨ペアです。

【USD/CAD】
カナダはレンジ相場が続いておりわかりにくいのでスイングでのポジションは取りにくい状況です。現在はボリンジャーバンドの2σが抵抗となっており、ここで下落するようですと引き続いてレンジ内での上下動となるのではないかと思います。


クロス円全般はひとまずは戻り売りの戦略としたいですが、EMA20を上に抜けるようであれば押し目買いに戦略転換となります。

今週は何れにせよ難しい動きとなりそうですので、あまり無理する必要もないかと思いますので次の動きを見極めてから売買としたいと思います。

今週注目していきたい通貨ペアとしては先週に引き続いてポンドドル、ポンド円、ポンドスイス、ユーロポンドをよく見ていきたいです。

週末動向

昨日からショートカバーが入ってますね。

ポンドにしてもユーロにしても底固い雰囲気が昨日からあったのですが案の定反発上昇しています。本日は週末動向ということで週初にドル円やポンドドル、ユーロドルその他対ドルでは各通貨売られたのでショートカバーで上昇する展開となりそうです。

全体的な見通しとしては変わっていないです。

ドル円はダブルボトムを付けたので一旦上昇と思います。そんなに大幅には上がらないでしょうけど。
ドルスイスが上昇に転じる雰囲気はあるのですがポンドやユーロの対ドルでのショートカバーが入っている関係であまりドルスイスは上がっていないです。

ただ、基本的にはオバマ大統領への期待感からドルは強含みの展開になる可能性の方が高いと考えています。

とりあえず現在のスイングポジションはポンドスイスとポンド円のショートがストップにかかり現在のポジションはポンドドルのショートとユーロポンドのロングのみです。

あまり芳しくないですがケーブルの上昇については単なるショートカバーでの上昇なのであまり気にしていないです。ユーロポンドはちょっと微妙ですね。0.88割れするまではロングをキープしますが割れた際にテクニカル的にはショートなのでしょうがユーロとポンドの比較だとポンドの方がネガティブ要素が強いと思いますのであまりポンド買いの気が乗らないです。

デイトレではドルカナダのショートで80pips程度取れています。

現在は数時間単位で同一方向に動く傾向が強いのでデイトレのほうが簡単ですね。

デイトレをするならFXトレーディングシステムズが一番オススメです。
やはりデイトレ&スキャルの場合スプレッドコストは無視できませんから。ドル円のスプレッド0.5銭はやはりすごいです。

各通貨揉み合いで次の動きは重要

こんばんは!

欧州中銀は政策金利を現行の2.50%から50bp引き下げ2.00%になりました。

市場はユーロ売りドル買いで反応していますね。

また、ある程度予想していましたがドル円の88円は底固いです。やはりダブルボトムを付けて上昇するのではないでしょうか。

さて、どの通貨も揉み合いに入っており次の動きを待つ展開かと思います。個人的にはやはりポンドが上に反発するのか、何かをきっかけに続落するのかどちらなのかを注目しています。

ユーロの下落のためドルスイスが上昇しており、1時間足レベルで高値更新によりレンジ相場を脱出して上昇トレンドの状態となっています。そうするとやはりユーロドル、ポンドドルあたりが下落しやすい展開になるかと思いますので注視していきたいと思います。

ユーロポンドロングしていたのですがやはりというかEMA20が抵抗となって反落してしまっています。EMA20で一度利食いをいれるべきだったのですが、ちょっとリミットを入れ忘れてまして放ったらかし状態となってしまいました(汗;
トレンドラインを割るようであれば逆にショートにドテンする予定です。

ポンドはいったいどこまで下がる?

昨晩ポンド円は市場最安値を更新しましたね。

しかしまだ1月ですからね。今年はポンド円一体どのくらい下げるのでしょうか?
思えば2007年の夏ごろは250円の高値をつけているのですよね。2年もたたないうちに120円も下落したことになります。ポンド円の月足なんかはもう見るも無残なナイアガラの滝ができています。

本日はどの通過ペアも揉みあいに入っており、あまりデイトレするような展開ではないのでおとなしくしてようと思います。

現在のスイングポジションですが、ポンドドルショート、ポンド円ショート、ポンドスイスショート、ユーロポンドロングですべてポンド売りのポジションです。

ドル円は87~88円が当面の底だと思っているので現在の下落はダブルボトムをつけて一旦は反発上昇に入ると見ています。単なる予想なのでハズレるかもですけどね(^^;

ユーロポンドはトレンドラインで反転上昇

みなさん、こんばんは!

ポンド売りが止まらないですね。ポンドドルは1.48割れでEMA20を下回ったので本日の東京時間でショートメイクしました。

gbpusd_d1_20090113.gif

ケーブルは安値圏なのでいまいち信用度があるのかわかりませんがH&Sの形状となっており、ネックラインとなる1.4300を割り込むと1400pips下の1.2900まで下げる可能性があります。さてどうなるでしょうかね。

eurgbp_d1_20090113.gif

注目していたユーロポンドですが、思惑通りトレンドラインで反転上昇しています。次のレジスタンスは日足のEMA20の接点である0.9150ですが、ここを抜けられれば前回高値の0.98付近まで上昇する可能性が高まります。

audusd_d1_20090113.gif

チャート的に気になる通貨ペアとしてはオージードルがトレンドラインを割り込んで下落しており、下落トレンドに回帰するのかどうか気になるところです。

とりあえず当面の戦略はポンド売りだと思います!

ユーロポンドは押し目買い?

みなさん、こんばんは!

3連休も本日で終わりorz
憂鬱な夜を迎えておりますが相場の方もクロス円下落で混沌とした展開となってきました。

私はというと、金曜日のNY時間に137円割れでポンド円をショートメイクして週末を持ち越したのですが、先ほど一旦134.70まで戻したところで手仕舞いしました。

ポンド円は窓空きスタートでしたが結局未だに窓埋めできずに下落しています。窓を埋めずに主要トレンド方向に動いたときは暴騰暴落をすることが多々あり、ちょっと注視していきたいところです。

また下落の足を早めるようであればポンド円をショートでとっていきたいです。

あとはユーロポンドもドレンドラインで一旦反発しており、打診的ではありますがロングポジションをとっています。チャート的には典型的な押し目買いパターンなので結構期待はしているのですがどうでしょうか。

ドル円については90円を割れたあたりで身動きがとれなくなっておりボリンジャーバンドが1時間足レベルでスクイーズとなっており、これが下にもし抜けるようですと日足レベルでは88円のダブルボトムをつけにいく展開となりそうです。

1月はその年の高値・安値をつけることが多く、94.63の高値が今年の最高値というのもあながち有り得ないはなしではなくなってきています。個人的な相場観ではドル円はもう一度上昇して97円でトップアウトすると見ていたのですが雇用統計の悪結果が予想以上に効いており予想よりも下落するタイミングが早いです。

ひとまずドル円は88円が下落の目処でしょうか。

今週も頑張っていきましょう。

今週の展望

みなさん、こんばんは!

先週は米雇用統計の指標悪化に伴い、リクス回避全開といった展開となってしまいました。

ドル円は91.50付近にあったEMA20のサポートを守れずに90.40まで急落して若干もみあいとなったところで引けています。

反面対ユーロおよび対スイスではドル買い動意となり、ユーロドルはサポートを割り込み1.3457まで急落しており、ドルスイスは1.1129に急反発しています。

リスク回避の動意となる場合の典型的な動きがこの円買い・ドル買いのパターンで、クロス円が暴落する展開となります。

さて1月12日以降の展開ですが、ドル円はEMA20を割り込み弱気、ユーロドル/ユーロ円も急落した分若干リバウンドがあるかもしれませんが基本的にはEMA20を上抜けするまでは弱気の展開が続きそうです。基本的にはドル円、ユーロドル、ユーロ円については戻り売りの戦略が有効かと思います。

ユーロが売られている反面、ポンドやオージーはドル買いで悪展開だったものの底値も固い感じがします。

ケーブル(ポンドドル)は1.48割れまでは強気、オージードルは0.69割れまでは強気とみており押し目買いの戦略としたいです。

特にポンドはRSIとMACDのダイバージェンスを伴う上昇ですので、押し目に警戒しつつも買われる展開ではデイトレードで細かくロングを利食っていく戦略が有効となりそうです。スイングで持つ場合はレバレッジは極力下げて200~300pipsくらいのストップ幅がとれるくらい余裕のあるロット数でないと今の相場は危ないです。

スイングの場合、中途半端なストップ幅は損切り貧乏となるため、トレンドができている相場では明らかなサポートの下にストップを置くべきと思います。

ケーブルの目処ですがポンドは何かあるとすぐ売られる通貨ですので1.57midのレジスタンスを超えるまでは若干半信半疑なのですが、逆にそこまでレジスタンスポイントがないため現在の1.5162レベルからロングで1.57あたりまでロングするのも面白いかと思います。

オージーについては対円ではトレンドラインのレジスタンスに見事にはじかれて反落していますが、対ドルではまだEMA20の上に位置しており、上昇トレンド中の押し目である認識です。EMA20は0.69レベルにありあと150pipsくらい幅がありますが、週明けまず売られる可能性が高いとは思いますが0.70付近では押し目買い、0.69割れで一旦様子見という見方をしています。

最後にちょっと面白いと思っているのはユーロポンドです。
非常に強い上昇で0.98の高値をつけたあと急落して38.2%戻しも突破し現在0.88Highの水準ですが、ちょうど上昇トレンドラインとの接点に近づいており、上昇トレンド中の押し目であればここらで反発上昇が期待できるところです。逆にトレンドラインを割るようですとストップを巻き込んで急落する可能性があります。戦略としては現在の水準では一旦ロングでトレンドラインおよびフィボナッチリトレースメントの50%水準(0.87強)を割り、さらに0.8660のサポートラインを割るようであればドテンショートで攻めたいところです。

ユーロポンドが0.87を割れるような展開では、同時にケーブルが上昇、ユーロドルが下落の展開となるため、ケーブルをデイトレでロングで攻めるのもよいかと思います。

米国雇用統計発表

みなさん、こんばんは!

今日は米国の雇用統計発表でした。

失業率は予想7.0%のところ結果は7.2%で非農業部門雇用者数は予想-51.0万人のところ結果は-52.4万人とどちらも悪い結果でした。

しかし為替はもうよくわからん動きで乱高下してますね。

ドル円が下落でドルスイスが上昇ということで、ユーロドル/ユーロ円なんかは無残な状況となっています。

前回ユーロドルは1時間足で上昇トレンドに入ったというはなしをしましたが、あっさりとトレンド割れしています。1.3700でとったユーロドルのロングはあっさりとストップにかかりました(涙)

今日は週末動向ということもありポンドドルあたりは売られる可能性が高いかなと考えていましたが、ユーロのほうでしたか。。。ポンドやオージーは売られているものの底値も固い感じです。

来週の見通しはまた明日書きますが、ドルカナダが1.1750~1.2060のレンジ相場となっていますのでレンジブレイクの逆指値エントリの戦略で考えています。その他通貨はちょっと分かりにくい展開なのですが明日きっちりと分析してみたいと思います。

BOE 50bp利下げ

みなさんこんばんは!

BOE政策金利発表は市場の予想通り50bp利下げで英国の金利は1.5%になりました。過去類を見ない低水準の金利となりました。利下げは経済には好影響なのでポンドは急上昇しています。

ポンド円の日足もEMA20が上向きに転換しており、フィボナッチリトレースメントの38.2%戻しである160円くらいまで上昇する可能性が出てきています。

ドル円の下落は91円くらいまでかと思っていましたが91円も割れてきています。結局ドル円のロングポジションは昨日一部は94円で、その後の下落で93.30ですべて利食いを行いました。

もう一度ドル円は上昇して96~97円をつけてからトレンド転換かなと思っているので押し目が落ち着いてきたら再びロングポジションを持つ予定です。ただドル円の大方の見方は戻り売りの戦略みたいですね。私も今年は80円を割れてくると思っていますが、もう少し先だと思っているのでひとまずは下落トレンドのリバウンド局面は継続だと思っています。

あと、状況に変化が見られるのはユーロで、対ドルで1.3250まで下落を予想していましたがリトレースメントの61.8%で底打ちしたようです。1時間足で上昇トレンドに転換しており、1.3900を超えるとここ1週間くらいの下落トレンドラインを上にブレイクするためそこを待ってからロングしたいと思います。

推奨していた豪ドル円やカナダ円は結局ストップにかかっており、オージードルのロングを除いてすべて決済済みです。オージーは軟調ですが0.6700を割れるまでは持ちつづける予定です。ちょっと経済指標の結果もよくなく上昇しても頭の重たい展開が続いていますが日足レベルではまだまだ上昇トレンドですのでもうちょっと我慢してみたいと思います。

ドル買い継続

みなさん、こんばんは!

しかしドル買いが止まらないですね。

ドル円は94円のレジスタンスもなんなく突破してます。このままNY時間で反落しなければ次の目標値は95円、その次が97円付近が目処になりそうです。

ドルスイスもEMA20を一気に突き抜けて日足レベルでトレンド転換のサインがでています。強気の目標値としては一度割れているトレンドラインとの接点となる1.17ラインがあるのですが、週足および月足でEMA20と接点まで来ており、反落する可能性もあります。

ドルが買われる理由もあまりなく、単に悪材料は織り込み済みで、オバマ政権への期待感や減税政策への好感などで買われているだけなので、そこまでドル買いが継続するとは正直思えないのですが、テクニカルトレーダーとしてはチャートのテクニカルポイントに従うだけですのでドルスイスを打診的にスイングポジションでロングしてみました。ストップは日足のEMA20割れのライン。

ユーロドルも1.31~1.32までは下落目処があるのでまだまだ売られる可能性が高いです。

あとはやはりここ数日採りあげていますがオージーとカナダに買いが入っています。東京時間はドル買いに押されていた両通貨ですがロンドン後半あたりから一気に巻き返してきています。カナダ円は84~87円まで上昇するとみています。ストップを広めにとって気長にロングしてます♪

現在は一日のボラが大きいのでレバレッジは下げ気味でストップを広めにとってトレンド方向でポジションを持つとよいですよ。トレンドがでているのでデイトレードでもスイングでも今は勝ちやすい状況です。

カナダが堅調

みなさん、おはようございます。

結局NY終値でドルスイスはEMA20を突破してしまいました。これで当分逆相関のユーロドルは上昇できない展開が続くことになると思います。ユーロドルは戻り売りの戦略に転換です。

さてカナダ円が上昇ブレイクしているという記事を書いていましたがドルカナダが上値切り下げで下落してきており、1.1817の前回安値を割ってくれば本格的にカナダ高ドル安となりそうです。

全体的に円はロングが積みあがっていた分、今後は売られる傾向が強くなると思いますのでクロス円はしばらく強含みの展開が期待できます。

オススメのクロス円としては上記のカナダ円のほか、オージー円です。オージーはブレイク目前です!



ドル円上昇目処

仕事始めから疲れました(>_<)

さて、なんだかんだでドル円は91円のレジスタンスを超えてから戻り売り勢のストップを巻き込んでここまで順調に上昇を続けています。現在93.57の高値をつけて反落中。23:40時点で93.00付近で推移しています。

どこまでこの上昇は続くでしょうかね。

レジスタンスポイントはまず94円付近にあります。次は前々回安値の95.73。あとは週足のEMA20に96円強で到達しそうなのでこのあたりが限界ではないかと考えています。

88.8でとったドル円ロングもそろそろ利食いを考え中です。
92.20割れすると日中足レベルのトレンドラインを割るのでここらでは手仕舞いどころでしょうか。

ユーロドルも結局1.3820のサポートを守れず一気に売られてしまっています。その割にポンドやオージーは売られていないのでユーロが単独で売られているようです。

ドルスイスはあっという間に目標値の1.10に到達してEMA20で一度足踏み中です。やはりダイバージェンスのシグナルは強力ですね。NY終値ベースでEMA20を超えられるかどうかがポイントとなりそうです。EMA20で反落するようですと聖杯のシグナルとなるためショートのシグナルとなりますがどうなるでしょうか。本日のNYクローズまでは様子を見たいと思います。

オージーはやはり買いシグナルが多数でています。オージー円はもうすこしでトレンドラインに接触するのでちょっと様子見ですが70.50を超えるようですとストロングバイです。

あとはカナダ円がやはり堅調に推移していますね。オージー円と同様にボリンジャーバンドの順張りシグナルであるボラティリティブレイクアウトとなっています。素直にロングではないでしょうか。

さて、仕事もトレードも頑張っていきましょう。

応援ポチよろしく↓

ブレイクしましたね

さて、年初の相場ですが昨年はクロス円大暴落スタートだったのですが、今年はどうでしょうか。

【USD/JPY Daily】
usdjpy_d1_20090103.gif

ドル円ですが、昨日91円の壁を突破し91.50にあったストップを巻き込んで92.4まで上昇したあと利食いが入って91.82で引けています。ちょっと引けにかけての押しが早いのが気になります。一度利食いして次の上昇を待ってからの再エントリが安全かもしれません。

目標値としては第一目処が93.70付近、第二目処が95円、第三目処が97円かな。週足のEMA20までは上昇して欲しいところです。何れにせよ月足、週足で見た場合下落トレンドのなかの戻りでしかなく、上昇しても最大で月足のEMA20付近までかと思います。よって今年の高値は100円前後までかと見ています。

【USD/CHF Daily】
usdchf_d1_20090103.gif

ドルスイスはやはりダイバージェンス示現により反発上昇に転じています。EMA20がある1.10あたりが戻りの目処でしょうか。

【EUR/USD Daily】
eurusd_d1_20090103.gif

ユーロドルは1.3820のサポートでなんとか踏みとどまっている状況で、ここを割るとリトレースメントの6.1.8%ラインでかつ一度割られたトレンドラインのあたり1.32~1.33くらいまで下落する可能性があります。

【AUD/USD Daily】
audusd_d1_20090103.gif

オージードルはレンジの上限付近まできており勢い的に俄然ブレイクの期待が高まります。すでにロングポジションをとっているのですが、ブレイクするようであれば素直にピラミッティングしていく予定です。

【AUD/JPY Daily】
audjpy_d1_20090103.gif

対円でもオージーは堅調でスクイーズからボラティリティブレイクの形状を示しています。ボリンジャーバンドの3σと接点となっているので一旦反落の可能性もありますが基本的に対ドルでの動きに依存しそうです。ロング興味ですがトレンドラインのブレイクまでは自重する予定です。

【CAD/JPY Daily】
cadjpy_d1_20090103.gif

注目していたカナダですが、対ドルは乱高下気味でちょっと分かりにくいのですが対円はスクイーズからブレイクしています。SMA200とだいぶ乖離しているのでここらで一度上昇してもおかしくないです。

私はオージーのロングでレバレッジ的にこれ以上上げられないのでカナダ円のポジションは取らないとは思いますが。

それでは来週も頑張っていきましょう。

ドル円レンジブレイク

みなさんこんにちは!

ついにドル円が91円の壁を突破しました。
ただ、ストップを巻き込むような動きがないのでちょっと怪しい感じもしますが。ひとまず終値で91円を超えているかどうかがポイントとなりそうです。

続いて気になる通貨としてドルスイスがRSIとスローストキャスティックスで強気のダイバージェンスとなっており一旦反発上昇にはいるかもです。

ドルスイスが上昇するようだと相関性的にユーロドル、ポンドドル、オージードル、キウイドルあたりは下落の可能性が極めて高くなるのでドルストレートはトレンドの転換に注意が必要です。

ユーロドルは60分足レベルで上値を切り下げて下落しており、1.38レベルを死守できるか怪しくなってきています。ポンドドルも基本的に買われる理由がないため極めて下落の危険性が高まっています。1.43を割り込むようであればショートで仕掛けてみたいと思います。

オージードルはチャート的には0.6900を割り込まない限り強気でみてますが。。。ストップの位置は0.6880でしょうか。

本日はひとまずこのままドル買いが継続するのかを注目していきたいです。

ドル円は55円まで下落する!? ロガーロさんのブログを見る(ランキング4位くらい)

あけましておめでとうございます

みなさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いしますm(_ _)m

さて昨日大晦日はみなさんゆっくり過ごせましたでしょうか。私は新年0:00に近所で上がる花火を見に行ったのですが若干2分ほど出遅れて、ボーン、という音しか楽しめませんでした(^^;

さて相場ですが、結局ドル円は2008年中には上昇ブレイクできませんでしたね。NY時間で90.90までくると例によって分厚く並ぶ売りオーダと綱引き状態となり押しのけて上昇するほどには勢いが続きませんでした。

ただしドル円は1時間足~2時間足でボラティリティブレイクアウトの形状となっており年明け早々にも91円をブレイクする可能性は十分にありそうです。91.20を超えるようなら強気で買っていきたいところです。

ユーロは反落。対ドル、対円、対ポンド、対カナダ、対オージと主要通貨すべてに対して売られました。まぁ上昇のペースが早かったのでこんなもんでしょう。ADXも60オーバでそろそろ反転してもおかしくない頃だったので一旦様子見したほうがよさそうです。まだユーロの対ドル、対カナダでの上昇トレンドは継続すると思っているのでEMA20との接点ではロングを仕掛けていきたいと思っています。

次はポン様。
昨日は市場がかなり薄くなっておりポンドがとんでもない暴れ馬となっていました(笑)

【GBP/USD 60min】
gbpusd_h1_20090101.gif

300pips以上下げて即300pips戻しています(笑)

【GBP/JPY 60min】
gbpjpy_h1_20090101.gif

こちらも3円下げて3円戻してます。すごいですね。

やはり大晦日なんかにポジションを持つ必要は全然ないですね。こわいこわい。

2009年スタートに向けてというところでは以下の通過ペアに注目していきたいと思います。

・USD/JPY: 91円ブレイクねらい
・AUD/USD: 0.7150ブレイクねらい
・AUD/JPY: トレンドラインブレイクねらい
・CAD/JPY: 日足でスクイーズとなっており76円を上にブレイクすると結構値幅をとれるかも

カナダはともかくドル円とオージーには期待してます。
(AUD/USDはすでにスイングポジとってます)

 | HOME | 

カテゴリ


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


リンク


RSSリンクの表示


プロフィール

やまもと

Author:やまもと
横浜在住FXテクニカルトレーダーのやまもとです。
専業トレーダーならではの濃い情報を提供していきたいと思いますので、みなさんよろしく。

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ相互リンクとランキングプラス

このサイトではFX(外国為替証拠金取引)をトレンドライン&EMA20を基本としたテクニカル分析によるチャートポイントを日々解説しています。基本的に毎日更新しています。


FXランキングサイト


FXランキング」に参加しませんか。競争激化する前の今なら上位進出も可能かも!?

↓応援ポチいつもありがとうございますm(_ _)m
人気ブログランキング
にほんブログ村 為替ブログ
FXテクニカルトレード派
相互リンクとランキングプラス
FC2ブログランキング
FXブログランキング
FXランキング(fxrk)
FXランキング(fxranking)
為替サイトランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。